暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

タグ "ケータイ" の付いた記事

遅れ続ける日本

 「日本はこの分野で大きく遅れてをり・・・」

 ニュースなどでよく聞く言葉。この言葉は子どもの頃からずーっと聞いてる気がする。自分が子どもの頃から日本は世界に遅れてゐて、その後もずっと遅れてゐて、今も遅れてゐる。
 「うかうかしてゐると世界に遅れをとるぞ」などと言ふが、今がまさにうかうかしてゐる時なのだと感じる。


旧ステージに拘る日本

 最近、巷間でよく聞くのは、製造業とくにテレビなどの日本の「お家芸」と言へる分野で韓国に負けてゐて悔しい、日本はもっと頑張らなければ、といふやうな声。テレビを始めとした家電や、自動車など、今まで日本が世界をリードして来た分野で韓国企業が日本を追ひ越し始めてゐる。

 たしかに大相撲などで外国人力士が活躍し、日本人力士がまったく活躍してゐない状況などを残念だと思ふ気持ちはわかる。しかし相撲は日本のお家芸かもしれないが、テレビや自動車が日本のお家芸だらうか。

 2004年に中国レノボが米IBMのPC部門を買収した時、中国は龍が巨人を飲み込んだと喜んだが、アメリカは大して大騒ぎもしなかった。旧いステージは後進国に呉れてやっていいぐらゐに思ってゐたのではないか。

 日本が頑張って国産のPCを普及させようとしてゐた頃にアメリカはOSの世界を制覇してゐたし、日本が国産のOS作りに励み出した頃にはアメリカはネット検索の世界を制してゐた。そして日本が国産の検索エンジンを、と言ってゐた頃にはアメリカはソーシャルネットワークの世界にステージを移し始めてゐた。


国内に留まる日本

 日本のサービスは概ね日本人向け(国内向け)に特化されてゐる。そのことを如実に表してゐる例は「ガラケー」とも呼ばれるケータイであらう。
 言葉の壁や文化の壁があって海外へ進出するのは難しいのかもしれない。
 日本のケータイは機能や性能の面において決して遅れてゐたわけではない。むしろ進んでゐた。日本列島といふ小さな島の中で独自の進化を遂げてきた。しかし後進の"iPhone"および外来のスマートフォンに駆逐されつゝあるのが現状だ。
 なぜ、進んでゐる日本のケータイが遅れてゐるやうに見える外来のスマートフォンに負けてゐるのか。

 「ケータイ」と「スマホ」の違ひは何か。「スマホとは何か」と訊かれた時、多くの人の認識は「今までボタンで操作してゐたのがケータイで、直接画面にタッチして指でシュッシュッてやるやつがスマホでしょ?」といふレベルである。
 一般人のスマホ理解がそのレベルであるのは仕方ないとして、私が心配してゐるのは、日本の携帯電話を作ってゐる会社のトップの方の人たちさへ、もしかしたらその程度の認識なのではないか、といふことだ。
 日本のケータイは、携帯電話を元としてそれにいろいろな機能を付加して進化してきたものだ。スマホは元はパソコンで、それに電話機能などを後付けしてできてきてゐるものだ。ケータイはハードウェアそのものを改変することで進化していくが、スマホはハードウェアよりも、その中のOSやアプリを進化させていく。根本的な思想が違ふ。
 iPhoneが凄いと言はれるのはiOSといふ思想を搭載してゐるからである。アップル社以外のスマホにはそのやうな思想がないやうに見えるが、OSがAndroidであることでグーグルの思想を搭載してゐると言へる。

 そして、このモバイルアプリの世界でも日本のIT企業が作るアプリは日本国内向けである。韓国の「LINE」や中国の「微信」が国境を超えてヒットしてゐるのに比べると、日本はこの分野でも世界市場において遅れてゐる感じがする。


遅れ続けるテレビ

 「日本は遅れてゐる」といふ問題を考へるとき、一番わかりやすくて象徴的なのは、やはりテレビだらう。
 2011年第3四半期の世界の薄型テレビのシェアランキングは次の通り。

1位:サムスン(韓)22.8%
2位:LG電子(韓)13.1%
3位:ソニー(日)9.9%
4位:パナソニック(日)8.4%
5位:シャープ(日)7.6%
その他38.2% 
(Source: DisplaySearch Advanced Quarterly Global TV Shipment and Forecast Report)

 今まで日本の得意分野だったテレビ作りの世界で韓国に負けた、と随分、話題になった。そして日本のメーカーは、更なる高画質化を目指して韓国勢に勝つ、などと言ってゐる。

 今は、まったく新しいタイプのテレビが出て来る前夜ともいふべき時期である。私は別に日本のメーカーに1位になってほしいとは思ってゐないけれど、この時期になってもなほ、「薄型」だの「高画質」だのといった旧来の基準にばかり着目してゐる日本企業は大丈夫なのかと心配になってくる。

 「いや、どんな時代になってもモノづくりは大事ですよ」と言ふ人もゐるかもしれない。確かにその通りで、この先の時代もハードウェアを軽視していいといふことにはならない。しかし、その「モノ」がテレビや自動車である必要はない。
 私は昨今の若者のテレビ離れや自動車離れによって、すぐにもテレビや自動車が無くなるとは思はない。たゞ、これからのテレビや自動車は従来の概念を覆すほどのまったく新しいタイプのものが世界を席巻するだらう。iPhoneが携帯電話ではなかったやうに。
 テレビの世界で言ふなら、それはインターネットとの融合だったり、壁や空中などに自由にディスプレイを表示できる技術だったり。少なくとも、「リモコンのボタンで視聴者の皆さんも番組のクイズに参加できます」などといふレベルの革新ではない。

 数年後には、さうしたまったく新しいタイプのテレビが(おそらくどこかの外国で)登場して世界に普及し始め、その時NHKのアナウンサーがいつものやうに「この分野で日本は大きく遅れてをり・・・」といふニュースを伝へてゐることだらう。

スポンサーサイト



移ろいゆく人たち

 昔から、毎月、世論調査による内閣支持率がTVや新聞などで発表されるが、あの数値が大きく上下する意味がよくわからない。内閣支持率はなぜ上下するのか?
 「先々月は支持だったけど、先月は不支持で、今月はまた支持」などといふ人が少なからずゐるのだらう。
 支持や不支持が途中で変はるのが信じられない。

 政治家の支援団体といふのがあるが、その政治家が何か不祥事を起こすと、真っ先に批判の急先鋒に回るのは大抵その人たちだといふのを何度も見てきた。支援者が最大の批判者になる。もし政治家だったら「応援してくれなくていいから批判しないでくれ」と思ふ。

 最近、ネット上で、携帯キャリアのauに対して「auはカス」などといふ悪口をたびたび目にした。大勢の人がauの悪口を言ってゐたのだが、気になったのは、それが皆auの利用者、もしくは元利用者ばかりだといふことだった。
 auは、数年前は携帯の主要3キャリアのうち、契約純増数No.1であり、顧客満足度もNo.1だった。若者にもっとも人気のあるキャリアであり、若者ならケータイはauにしなきゃ、みたいな雰囲気があった。
 しかし、去年2009年あたりからソフトバンクがiPhoneをヒットさせ、今年2010年に入ってからはドコモがXperiaをヒットさせ、auはスマートフォン市場で少し出遅れた感が出た。すると途端に今までauを愛用してゐた利用者たちの一部がauのことを悪く言ひ始めたのだ。

 おそろしいことだ。auが絶大な人気を誇ってゐたころはauに飛びつき、人気が他のキャリアに移ると途端に「auがあまりにも糞だからソフトバンクに乗り換へた」みたいなことを平気で言ふ人が、私は怖い。

 かういふ人は本当の支持者ではないのだ。たゞいつも、勝ち組に乗っかってゐたいだけの人なのだ。

 支持率が低下したとき、本当に苦境に立ったときに応援して側に寄り添ってゐてくれる人、助けてくれる人こそ、本当の支持者だ。

 さういふ意味で、本当の支持者を見つけなければいけない。
 自分が勝ってるとき、調子がいいときに周りに寄ってきてるのは、いはゆる「勝ち馬に乗る」といふ者たちだ。そんな一時的な憑依と変遷を繰り返す者たちに惑はされないやうにしたい。


道具は「使う人の問題」か

kid yelling


 インターネットやケータイの批判をすると、

「それは道具の問題ではなく使ふ人の問題です」、

「使ふ人次第でせう」

と言ふ人が必ずゐる。
 
 このやうに問題を、道具を使用する人間の側に帰してしまふ言ひ方は、道具そのものが持つ功罪を見えなくしてしまふ。
 つい先日も、ネット上での議論の場としての道具が変遷するにつれ議論の質が下がつてきたやうな気がする、と誰かが呟いたのに対し、「それはあなた自身のレベルが下がつて来てゐるのでせう。道具のせゐではありません」と皮肉を返してゐる人がゐた。

 だがやはりそのやうな認識は間違ひなのである。
 「インターネットは善い道具か悪い道具か?」と問ふたときに、「使ふ人次第で善い道具にも悪い道具にもなります」と答へる。しかし、道具をそんなに賢く使へる人なんて、この世に1%もゐない。使ひ方を過つ人が99%だ。道具そのものが持つインターフェイスやアーキテクチャがどのやうな問題を孕むかといふことは、もつと多くの人に注目され考へられなければならない。

 例へば、子ども向けケータイの問題。
 私は、子どもにケータイを持たせるべきではないといふ考へだが、ケータイ各社は、ある時期一斉に力を入れて子ども向けケータイの販売展開を行つた。そのとき各社が一斉に謳つたのが「防犯」といふことだつた。つまり子どもが犯罪に巻き込まれるかもしれないといふ親の不安心理につけこめば、ケータイの防犯機能を売りにすればいくらでも売れると考へたのだ。その読みは見事的中し、世間の多くの親が子どもにケータイを買ひ与へることになつたのはご存知の通りだ。親の方でも、自分の子どもにケータイを持たせる理由として「防犯」をあげる人が多い。

 だが待つてほしい。「防犯」なら、ケータイではなく「防犯機」でよいではないか。
 私がわざわざ「携帯」ではなく「ケータイ」とカタカナで書いてゐるのは、時に「ガラパゴスケータイ」とも言はれる日本独特の多様な機能がついたケータイのことを言つてゐるからだ。

 現在、ケータイ各社が売り出してゐる子ども向けケータイは次の通り。

ドコモ:キッズケータイ
au:ジュニアケータイ
ソフトバンク:コドモバイル

 名前こそいろいろ各社変へてあるが機能は似たり寄つたりだらう、と思つて調べてみたら、さうでもなかつた。
 以下、上記3社について、子ども向けケータイの機能を比較検証してみる。

 まづドコモのキッズケータイだが、機能としてはメールやインターネットなど大人のケータイと変はりない機能を備へてゐるが、購入時のデフォルトの状態では、通話以外のさうした機能は使へないやうになつてゐる。
 
 次にauのジュニアケータイだが、やはり機能としてはドコモとほゞ同じだが、購入時のデフォルトの状態ですべての機能が使へるやうになつてゐるところが異なる。つまり、親が機能利用制限をかけなければ、メールもインターネットも使へてしまふ。

 次にソフトバンクのコドモバイルだが、これは初めから通話とSMSだけの機能しか搭載されてゐない。普通のメールやインターネットは利用できない。

 以上3つを、子どもに持たせるといふ観点から、もし私が評価するならば、

1位:ソフトバンク
2位:ドコモ
3位:au

といふことにならうか。「防犯機」といふ観点から言ふなら、メールやインターネットの機能は初めから搭載するべきではない。ドコモはデフォルトで機能利用制限をしてゐるとは言へ、いざといふとき、例へば子どもがゴネたりすれば親が制限を解除してインターネットも使へてしまふ。auはデフォルトでさうした機能が使へてしまふ状態になつてゐるところがドコモよりひどい。

 ところで、市や町が条例などで「小・中学校へのケータイの持ち込み禁止」などと決めると、「そんなのは各家庭でルールを作つて守らせればいいだけのこと」と言ふ人がゐる。私はそれは反対だ。
 『クラスでケータイ持ってないの僕だけなんだけど』といふ状況は今や全国の学校で見られると思はれる。周りのみんなが持つてゐるのに自分一人だけ持つてない。それがどんなに心が苦しいことか、誰でもわかるだらう。大人だつて、周囲の友だちがみんなPSPやDSの話題で盛り上がつてゐれば、自分だけ持つてゐないことを苦しく思ふ。子どもならなほさらだ。ケータイといふあんなに楽しさうなオモチャをクラスの中で自分だけが持つてゐないなどとは、非常な苦しみである。「子どもには我慢を教へることも必要」、「我慢することも社会勉強」、などと言つてる大人には「まづ自分の物欲をすべて我慢してみてから言へ」と言ひたい。

 つまり、いはゆる「ケータイ」ではなく「防犯機」といふものを作ればいいのだ。「子どもの安全が心配」と言ふのなら、ケータイに防犯機能を付加するのではなく、ケータイとは別に防犯機能に特化した防犯機といふ道具(機械)を新たに作ればいいだけのことだ。それは技術的に難しいことであるはずがなく、さうしたものを作らないのはケータイ会社やメーカーの罪である。

 道具の問題である。私たちは何人(なんぴと)も道具に引きずられる。大人でさへ気づかぬうちにそのアーキテクチャに飲み込まれる。繰り返し言ふが、誰も“賢く”使ふことなどできないし、できてゐない。「各家庭で話しあつて」と言つて、その家庭の親がたまたま賢ければいいが、もし賢くなければ、そのまた賢くないであらう子ども(蛙の子は蛙)に、危険な道具を与へることになる。クラスの中で、頭の悪い子ばかりがケータイを持つてゐて、おそらくそのケータイをきちんと賢く使へるであらう賢い子だけがケータイを持つてない、といふ皮肉な光景もあることだらう。

 使ふ人の問題ではない。大人は子どもより少し賢いと思ふかもしれないが、皆、動線の上を歩かされてゐることに気づいてゐない。
 人間が用ゐる器具あるいは手段としての道具そのものが持つ問題がもつと注目され熟考されなければならない。


クラスでケータイ持ってないの僕だけなんだけどクラスでケータイ持ってないの僕だけなんだけど
(2010/01/20)
高橋 章子

商品詳細を見る


【関連記事】
・本とは何か
・現実は変えられる!『地球データマップ』
・アースデイに地球のことを考える