暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

タグ "ネット" の付いた記事

中国ネット掲示板の翻訳は日中相互理解に寄与するか

 迷路人氏(安田峰俊)の『中国人の本音』を読む。

中国人の本音 中華ネット掲示板を読んでみた中国人の本音 中華ネット掲示板を読んでみた
(2010/04/20)
安田 峰俊

商品詳細を見る

 私はこの人のブログ「大陸浪人のススメ ~迷宮旅社別館~」をかなり前から知ってゐる。

 このブログは、中国のネット掲示板を2ch風に翻訳してゐるものだ。初めは意味が分からなかった。なぜ2ch風なのか。迷路人氏は2chが好きなのか?私は、2ch=ネット右翼=反中、といふイメージがあったので、迷路人氏のスタンスが分からなかった。
 しかし迷路人氏はどう見ても中国語には堪能だし、中国のことについても詳しいし、中国嫌ひだとは思へない。それをわざわざ反中な人が多い2chの体裁で書くのにはどういった意図があるのか?普通に訳せばいい、何も2ch風に訳す必要はまったくない、さう思ってた。

 しかしこのブログを読むに連れて、そしてまたこの度、そのブログを元にした書籍『中国人の本音』を読んでみて、何となく迷路人氏の意図が分かったやうな気がした。
 普通に訳しても誰にも読まれない。あへて2ch風に訳すことで、偏狭なナショナリズムに凝り固まった2chねらーたちに、中国の若者たちも自分たちと同じやうな感性を持ってゐるといふことを知らせたかったのではないだらうか。

 NAVERといふ韓国IT企業のネットサービスが最近、日本で人気が出てゐる。検索エンジンはまだまだ人気がないが、NAVERまとめNドライブといったサービスが評判が良い。
 ところで、このNAVERが昔、日韓翻訳掲示板といふサービスを提供してゐた。私がそれを見たのはもう5年以上前、2000年代前半の頃のことである。NAVERはおそらく、若者同士の日韓友好を促進する目的でこのサービスを始めたのかもしれないが、実際、中を覗いて見ると、そこは罵倒、嘲笑合戦の場だった。もう荒れに荒れまくってゐて、こんな掲示板は早く閉鎖した方がいいのでは、と思った。
 言語の壁を越えて翻訳することが必ずしも相互理解には繋がらない、と痛感した例だった。

 しかし管理されてゐない掲示板と、迷路人氏といふ管理人がゐるブログとは違ふ。管理されてゐなければ、もちろん荒れる可能性は高いだらう。
 迷路人氏は独特のバランス感覚を持ってゐる。中国を必要以上に良く言ふわけでも悪く言ふわけでもない。中国の良いところも悪いところもバランスよく紹介する。といふか、中国のネットの世界をありのまゝに紹介するやう、努めてゐるやうだ。

 面白いのは「2ch看日本」といふ、「大陸浪人のススメ」と対の関係をなすブログが中国にも存在するといふことだ。このブログは日本の2chを中国語に翻訳して中国人に紹介してゐる。そしてこのブログの管理人の中国人と迷路人氏は知り合ひなのださうだ。
 2chの文章を中国に中国語で紹介する意義は大きい。2chが日本のネット文化だ、と言ったら言ひ過ぎだが、大きな一角であることは間違ひない。
 ともに、それぞれの国の代表的なネット掲示板を翻訳してゐるのが特徴である。翻訳ブログといふのは他にも存在するので、決してこの二つのブログが日本と中国をそれぞれ代表してゐるわけではないが、しかしこの両ブログの人気ぶりを考へれば、この両ブログがそれぞれの国の若者に与へてゐる影響はそれほど小さいものではないだらう。

 たしかにかうしたブログを読むと、中国人に対するイメージが変はることもある。今まで日本の(日本語圏の)ネット社会しか知らなかった者にとっては、世界が拡がるといふことにもなる。
 これから日中の両国語を解する人が増えていけば、かうした翻訳ブログも増えていくだらう。
 たゞ、その時に一つ心配なのは、恣意的な翻訳、あるいは紹介がなされる虞だ。つまり、今いくつかある2chのまとめブログのやうに、管理人が自分のイデオロギーや嗜好によって、特定の思想傾向の意見ばかりをピックアップしたり、気に入らない意見は意図的に排除したりする編輯がなされる心配だ。
 ほとんどの日本人は中国語は解らないから、元スレを辿って確認するなんてこともできない。翻訳ブログの管理人が翻訳して載せてくれてゐる内容をそのまゝ信じるしかない。
 つまり、ほんの一部の語学能力を有する者が国レベルでの情報操作を行ったら恐ろしいだらうと思ふのだ。中国の掲示板の中から反日的な発言ばかりをチョイスして紹介したら、それを見た日本の若者は中国人は皆反日的である、と思ってしまふかもしれない。

 この本を読んで、さまざまな現代中国のネット事情などを知ることができて興味深かった。特に「憤青」と呼ばれる愛国主義的な若者たちの存在は、いろいろと考へさせられる。日本の「ネット右翼」、韓国の「ネチズン(あるいはVANK)」とどこが共通してゐてどこが違ふだらう。「80后」との関係は?「憤青」はこれからますます増えていくのか、それとも一時代的なものなのか。

 「イマドキ」の「リアル」な中国人の本音に興味がある人には格好の一冊だと思ふ。中国あるいは中国人に対するイメージが少しは変はるかもしれない。

 これからの時代、日中の相互理解は進むと思ひますか?




スポンサーサイト



「パワースポット」ブームに思う

 最近、テレビなどで「パワースポット」といふ聞き慣れない言葉をよく聞くやうになった。

 テレビでも雑誌でもネットでも、見ない日はないといふぐらゐ取り上げられてゐる。

 パワースポットとは何ぞ。
 どうやら占ひで「ご利益のある場所」といふほどの意味らしい。
 それにしても、日本語には昔から「霊験あらたかな」といふ美しい言葉があるのに、なぜ「パワースポット」などといふカタカナ言葉を使ふのだらうか。

 ブームになってゐるのは、2009年末ぐらゐかららしい。

 明治神宮の御苑の中に「清正井」といふ井戸がある。この井戸が、その「パワースポット」として最近注目を集めてゐるらしい。なんでもこの井戸にお参りしてケータイで写真を撮って待ち受けにしておくとご利益があるといふ噂が広まっており、今は連日、3時間待ちとも5時間待ちとも言はれる行列ができてゐるらしい。

 清正井は私は思ひ出がある。
 明治神宮の近くの学校に通ってゐた私は、学校帰りによくこの井戸に立ち寄って、その清冽な水で喉を潤したりした。当時は並んでゐる人など誰もゐなかった。御苑の中自体にほとんど人がゐなかった。ケータイを持ってない私はもちろんそれを撮影して待ち受けにしたりなどしなかった。本当に当時は清正井なんて誰も知らなかった。知る人ぞ知るといふ感じの場所だった。

 それが今は3時間待ちの長蛇の列。こんなに多くの人が訪れたら、環境も悪化するかもしれないし水質も劣化するかもしれない。私はもう二度とこの井戸を訪れることはないだらう。あるいは30年後か40年後、ブームのほとぼりが冷めたころに、また訪れる機会があるかもしれない。

 清正井がこゝまで有名になったのは、2009年末にある占ひ芸能人がテレビで紹介したことがきっかけらしい。そしてその後、テレビやネットで何度も紹介されて「ご利益」の噂が広まって行った。

 つくづくテレビやネットが恨めしい。特にテレビは、まだまだネットよりも大きい影響力がある。
 余談だが、家の近くに普段閑古鳥が鳴いてゐる定食屋がある。その平凡な定食屋がある日テレビで紹介されたのだが、翌日に行列ができてゐて驚いた。

 最近のウェブのトレンドである「ソーシャル」といふ言葉には「共有」といふニュアンスもあるらしいが、私はどうもこの「共有」が苦手だ。「とっておきのおいしい店」なら、なほさらのこと、なぜ人に教へるのか理解できない。人が殺到してしまったら、自分がその店に行くことができなくなるではないか。
 これはケチとかさういふ問題ではない。本当に親しい人には教へてもいいのだ。たゞ、マスメディアを使って不特定多数の人に教へるべきではないといふ意見である。

 だが、人気ブログを書いてる人などは、「情報を出し惜しみすべきではない」と言ふ。たくさんアウトプットすれば、それだけたくさん人が集まってきて、インプットしてくる貴重な情報も増えてくると言ふのだ。
 なるほど、その言葉を聞けば、確かにこのブログがアクセス数が少ない理由がわかる。しかし残念ながら、私はアクセス数は増やしたいけれども知りたがりではないので、そんなにたくさんの情報を得たいとも思はないし、「とっておきのおいしい店」を教へてもらひたいとも思はない。

 私はたゞ静かに、今自分の持ってゐるものを大切にしたいと思ふだけだ。その持ってゐるものとは、自分に何か関聯したものでなければならない。私は学生の時分、わざわざ明治神宮まで出かけて行ったわけではない。自分の学校の近くだったから立ち寄ったのだ。
 私は自分のテリトリーを守りたい。あれもこれもと興味の赴くまゝに手を出して他人の領域を荒らしたくない。

 人々の静かな暮らしを蹂躙するのにテレビやネットが貢献してゐるのだとしたら、私たちはこれらの道具の使ひ方を今一度再考するべきではないか。


ITホワイトボックスが面白い

 今さらだが、NHK教育で毎週木曜日に放送されてゐる「ITホワイトボックス」といふ番組が面白い。
 昨年放送されてゐたものの再放送らしいが、それも2010年2月いつぱいで終はつてしまふ。番組を見損ねた人は、番組とほゞ同じ内容のものが書籍になつて発売されてゐるのでそちらを読んでみたらいい。非常によく出来てゐる。

 この番組の面白いところは、「ITの基礎の基礎」を教へてくれるところだ。
 私は「インターネットの基本」が知りたくて、今までさまざまな書籍やTV番組を見てきたが、いづれも満足させてもらへるやうなものはなかつた。
 だいたいの書籍やTVが「インターネット(またはIT)の基本」と言ふと、WWWの説明から始まり「これはワールドワイドウェブ、つまり世界中に張られた蜘蛛の巣といふ意味です」などといふ解説であつたり、DNSの説明であつたり、あるいはブラウザソフト(InternetExplorer)の説明であつたり、さらにはホームページの見方(検索エンジンの使ひ方)の説明であつたりする。

 そんなのは「インターネットの基本」ではない!私が聞きたいのは、もつとずつと基礎の基礎のこと。例へば、なぜ米国のホームページが日本で見られるのか。物理的にデータがどのやうな経路を辿つてくるのか。
 さうした「基礎の基礎」に答へてくれる本やTVは今まで一つもなかつた。この「ITホワイトボックス」が初めて基礎中の基礎ともいふべき疑問に答へてくれた。太平洋に日米間を結ぶ巨大な海底ケーブルがあることを実際に映像で見せてくれたのだ。

 かうしたことは誰も皆当たり前のことすぎると思つてゐるのか、質問もしないし、本の著者も書かない。だが「インターネットの基本を教へます!」と謳つてゐる本に、必ずと言つていいほどブラウザソフトの説明が書かれてゐたりするのに私は毎度がつかりしてきた。だつて、ブラウザソフトの説明はインターネットの説明ではない!

 その点、まさに「基本の基本」を教へてくれるこの番組の満足度はかなり高い。
 番組は電子メール編、インターネット編、モバイル編、PC編の四つに分けて放送されてゐるが、いづれも本当の基本を教へてくれてゐる。例へばPC編では、よくある初心者向けPC講座番組のやうな、ワープロソフト(Word)の使ひ方だとか、ファイルの保存の仕方だとか、画像の取り込み方だとかいつた、さういつた具体的PCの使ひ方などは一切紹介されない。この番組で取り上げられるのは、「メモリー」、「クロック」、「データバス」、「マルチコア」などといつたキーワードを中心とした、本当のPCの基本的なことがらである。電子メール編でも、もちろんメールソフトの説明やメールの書き方(マナー)などといつたことではなくて、@(アットマーク)の歴史にまで遡つて教へてくれたりする。

 教授陣がまたすごい。日本のインターネットの祖ともいふべき慶應大学の村井純や元マイクロソフトの古川享など錚々たる顔ぶれが毎回ゲストとして登場する。

 かういふ番組、かういふ本を待つてゐた。ITに疎い私には非常にためになつた。普段、ネットやPCのソフトなどを使ひ慣れてゐる人でも、意外とインターネットの基本を知らなかつたりすることもあるのではないだらうか。
 もうすぐ番組が終はつてしまふのが残念だが、続編を期待したい。

 本のタイトルが「ネットに弱い」とか「パソコンに弱い」などとなつてゐるが、これはネットを使つたことがないとかネットを使ひ慣れてない人、といふ意味ではない。ネットはバリバリ使ひこなしてゐるけど、意外とネットの基礎の基本みたいなことは分かつてない人、といふことだ。この二冊は私と同じさういふ人たちのための最高の教科書になるだらう。

NHK ITホワイトボックス 世界一やさしいネット力養成講座 「ネットに弱い」が治る本 (講談社 Mook)NHK ITホワイトボックス 世界一やさしいネット力養成講座 「ネットに弱い」が治る本 (講談社 Mook)
(2009/09/29)
NHK「ITホワイトボックス」プロジェクト

商品詳細を見る

NHK ITホワイトボックス 世界一やさしいネット力養成講座 「パソコンとケータイに弱い」が治る本 (講談社 Mook)NHK ITホワイトボックス 世界一やさしいネット力養成講座 「パソコンとケータイに弱い」が治る本 (講談社 Mook)
(2009/12/18)
NHK「ITホワイトボックス」プロジェクト

商品詳細を見る


ITホワイトボックス
NHK教育テレビ 毎週木曜日午後11:30~ 
再放送 毎週日曜日午後2:00~