暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

タグ "ブラウザ" の付いた記事

韓国のブラウザ事情から考える独占の怖さ

 先日、「中国人、韓国人はFirefoxがお嫌い?」といふ記事を書いた。インターネット大国のイメージがある中国、韓国におけるFirefox 3のダウンロード数があまりにも少ないことに驚いたからだつた。

 その記事で、中国ではもしかしたら皆、中国産のブラウザを使つてゐるのかもしれない、といふ推測を立てたが、韓国は、韓国産のブラウザといふのも聞いたことがないし、韓国人は皆一体、何のブラウザを使つてゐるんだらう、といふ疑問を残したまゝだつた。

 特に韓国は、Firefox 3のダウンロード数が日本の10分の1程度と極端に少なく、その点も大いに疑問だつた。

 ところが、今日、それらの疑問に対する一つの答へを見つけた。

 日経BP社の「PC Online」といふサイトがあり、その中に趙章恩さんといふ人が書いてる「Korea on the Web」といふコラムがある。その7月24日付の記事がずばり「韓国ではFirefox 3が使い物にならない理由」だつた。

 それによれば、韓国のブラウザ事情は、Internet Explorerが99%を占めるのださうだ。つまり、韓国人のほとんど全員がIEを使つてゐると。なぜこんなにIEのシェア率が高いのか?
 それは、韓国の電子政府や行政サイトなどほとんどのサイトがIEに適して作られてゐるから。そしてもう一つの理由は、韓国の多くのサイトがマイクロソフトの技術であるActiveXを多用して作られてきたから。だから、韓国の多くのサイトは未だにIEでしか表示できず、Firefoxなど他のブラウザでは表示できないのらしい。
 著者は、韓国のインターネットが今まであまりにもマイクロソフトに依存しすぎてきたことを「恥ずかしいことだ」と言つてゐる。

 なるほど。これで韓国でFirefoxが使はれてゐない理由がなんとなくわかつた。韓国人のITジャーナリストが言つてるのだから、かなり確かなのだらう。海外のIT事情に疎い(国内も疎い)私にとつては、かういふ明快な説明はありがたい。

 IEの独占と言へば、その昔、IEがNetscapeを駆逐していつた歴史を思ひ出すが、インターネット先進国であるはずの韓国は、結局そのマイクロソフト環境にどつぷりと浸かり続けてきて、脱出に失敗したわけだ。
 日本も決して多様なブラウザが活躍できてゐる、とは言ひ難い状況だ。Firefox 3で表示できないサイトもまだある。だが、韓国に比べれば、日本の環境はまだマシなのかもしれない。

 ブラウザはネットの入り口にすぎない。ブラウザは所詮、パソコンの付属物だ。そのパソコンの世界はマイクロソフトが独占してきた。そして、ネットの世界はグーグルに独占されつゝある。両者の違ひは、マイクロソフトが“嫌はれ者”であるのに対し、グーグルは“人気者”であるといふことだ。

 でも、嫌はれ者であれ人気者であれ、一国全体が独占企業に依存していくのは怖いことだ。日本のパソコンが“脱マイクロソフト化”をがんばつてきたやうに、日本のインターネットも、“脱グーグル化”の対策を今一歩進めていかなければこの先、怖ろしいことになつていくのではないだらうか。
スポンサーサイト



誰かブラウザを知らないか

 先日、2時間かけて書いたブログの文章が一瞬にして消えてしまつた。

 私の文章入力スピードに耐へかねたのか、ブラウザが突然強制終了、そして再起動。再起動後のブラウザ画面は真つ白で、2時間もかけて書いた文章は跡形も無くなつてゐた。

 あまりのショックで、それからしばらくブログを更新する気が起こらなかつた。
 それで3週間近くもブログの更新を休んでゐたわけだが、私のやうに「こんなにショックなこと」と受け取る人もゐれば、「この程度のこと」と軽く受けとめる人もゐるやうだ。
 ある人のブログを読んだら、

今、ブログを書き終えた途端、パソコンがフリーズして結局全ての文章が消えてしまい、書き直しています。こういうとき、神様から、「さっきの文章だと駄目だから、もう一度やり直し!」と言われたんだ、きっとって思うことにしています。


と、書いてあつた。
 このやうに前向きにポジティブに受けとめることができる人もゐるんだなあ、と改めて感心した次第だ。

 だが、やはり、2時間もかけて書いた文章が一瞬にして消えてしまふのは、どう考へても効率が悪い。しかも、このやうな経験は一度や二度ではない。

 ブログの更新の仕方、文章の書き方は人さまざまだと思ふ。ケータイから更新してる人もゐるだらうし、パソコンで更新してる人も、ブラウザ以外で文章を書いてる人もゐるだらう。
 しかし、私のやうにブラウザに直接、文章を書きこむスタイルの人も多くゐるだらう。
 このとき、ブラウザは、紙の日記を書くときの「紙」である。紙にはしつかりしてもらはなければいけない。誰も、書いてる途中で紙が溶けたり紙が破れたりすることを想定してゐない。

 昨今、ワープロソフトから表計算ソフト、果ては、時計やスケジュール帳やカレンダーに至るまで、ローカルなアプリケーションソフトウェアとして使はれてゐたものの多くが、ウェブ上のサービスとして登場するやうになつてゐる。それに伴ひ、多くの人がウェブ上のサービスを利用するやうになつてゐる。さうしたウェブを利用する時の窓口になつてゐるのがブラウザだ。ブラウザを利用しないネットサービスもいろいろあるとは言へ、まだ多くのウェブサービスはブラウザを通して提供される。そのやうなサービスやコンテンツたちにとつては、ブラウザはプラットフォームのやうなものである。

 そんな時代だからこそ、ブラウザにはあらゆる基盤のプラットフォームとしての強靭さが求められるはずである。それなのにブラウザは、なぜかくも脆弱なのか。私だけではなく、誰しもネットサーフィンの途中にブラウザが突然強制終了した経験があるのではないだらうか。

 私は今、ブラウザはInternetExplorer7を使つてゐる。2008年6月現在では、最新に属するブラウザだと思ふ。だが、この最新のブラウザを持つてしても、この脆弱ぶりなのだ。
 昔、OperaFirefoxを使つてゐたこともある。だが、使ひ勝手が悪かつたので使ふのをやめてしまつた。Sleipnirといふブラウザを使つたこともあつたが、このブラウザでは酷い目に遭つたのですぐに使ふのをやめた。いづれも「タブ型ブラウザがすばらしい」といふのが売り文句だつたが、IE7もタブ型ブラウザである。世間ではFirefoxの評判がいいやうだが、本当だらうか。私がFirefoxを使つてゐたのはもう随分昔だから、もしかしたらこの数年の間に改良が重ねられて劇的に使ひやすくなつてゐるのかもしれない。

 「お薦めのブラウザは?」と訊けば、いろいろ出てくるだらう。Safariを薦める人もゐるかもしれないし、聞いたことのないやうなのを薦める人もゐるかもしれない。世の中には私の使つたことのないブラウザがたくさんある。だが、それらのブラウザをいちいちインストールして使つてみることはできない。誰もそんなことに時間を費やしたくはない。

 「これなら間違ひない」といふやうなブラウザを本当は待望してゐる。強靭さと賢さを兼ね備へたブラウザ。しかし、そんな完璧に近いブラウザはないであらう。私たちがウェブを利用するときにブラウザに依拠してゐると先ほど言つたが、ブラウザはまたOSに依拠してゐるし、OSはまたハードウェアに依拠してゐる面がある。ブラウザを完璧にするのであればハードウェアから根本的に改良しなければならない、といふ意見もあらう。それはそれでもつともであるし、そこら辺はパソコンに詳しい人たちに任せよう。
 たゞ、私のやうなパソコンに詳しくない一般人が願ふことは、2時間もかけて書いた記事が一瞬にして消えてしまふやうな惨事が起こらないやう、たゞたゞそんなことだけを願つてゐるだけだ。

 ウェブに依存することが多くなつた時代だからこそ、ブラウザの重要性は高まつてゐると思ふのである。