暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

タグ "丸山眞男" の付いた記事

丸山眞男と8月15日

 丸山眞男はあらゆる意味で8月15日に殉じた人だった。

 その日を境に世界はまったくの別世界になったのだ。丸山にとっては。

 お母さんがいた世界といない世界。
 軍国主義の世界と民主主義の世界。
 生前の世界と死後の世界。

 丸山眞男にとって8月15日が持つ意味は誰よりも大きい。

 お母さんの命日であり、専門である「政治思想」の大転換日であり、そして自分自身の命日であり。

 丸山は昭和二十年代前半に積極的に「民主主義とは何か」ということを民衆に説いて回った。それは、終戦直後は多くの人々が「民主主義ってなんだ?」と問うていたからだ。だが誰も民主主義とは何かと問わなくなってからも丸山は「民主主義とは」ということを語り続けた。そこに丸山の哀しみがある。

 その時代遅れ、時代錯誤な感じを批判したのは吉本隆明だった。
 吉本隆明に『擬制の終焉』で批判された時に直接は何の反論も返さなかったが、後に「高度成長期の日本の資本主義というものは僕には見通せなかった」という反省の言葉を残している。
 なぜ、見通せなかったか。現在進行形で圧倒的な形で進んでいた高度経済成長という「大変化」をなぜ「見られ」なかったのか。それは、もう、丸山の心の中に、「戦争の反省」という問題があまりにも大きな比重で占めていたからだ。
 「戦争の反省がまだ終わってない」という拘りをいつまでも持ち続けた丸山眞男。
 でも、「僕はどうしても許せないんです」と語気を強めて丸山が言う時、丸山の8月15日に対する特別な思いと気迫を感ぜずにはいられない。

 丸山の思想の中には時間の流れがある。時間や前提を意識した思想である。

 丸山の思想に見られる時間観は、政治に限定されることなく社会全体に当て嵌めて語られるべきものである。

 政治を語るとどうしても「現代政治」について語らざるを得なくなる。それは「今」であって「先後」は霞んでしまう。
 例えば、首相が何度も「徴兵制はありえない」と明言しているにもかかわらず、「徴兵は嫌です。戦争には行きたくありません」と言う人々がいるのは何故か。それは、この国では首相や政権がコロコロ変わることを皆知っているからだ。
 「絶対にありません」と言うのは、その首相、その政権であるかぎりにおいてはそうだということであって、五年後、十年後の首相がどう言うかは分からない。

 丸山が語った「予測可能性の減退」。丸山の思想の中には「予測」という明らかな時間がある。
 自然法的な秩序はある程度の社会の安定性を前提としている、と丸山は言う。そして、今や“誰が”社会を安定せしめるのかが問われなければならない、と言う。
 この言葉から、丸山は「主体性」の重要さを語ったのだ、ということは気づくことができる。
 だがもう一つ気づくべき点がある。それは、「前提」や「予測」といった時間と関係のある言葉が使われていることだ。
予測可能性が減退している時代にあっては、“誰が”が問われるのはもちろんのこと、“何を”すべきで“何を”すべきではないか、も問われなければならない。
 そしてそれらを問うときに、すべての前提が疑われなければならない。自然法と見えていたものが本当に“自然”だったのか、ということが問い返されなければならない。
 現代は、もうこれ以上、前提の上に虚構を気づくことは許されない時代である。前提の上に前提、虚構の上に虚構、というような屋上屋を架すようなことは許されない。
 破れるのは規範や法則だけではない。習慣や常識も破れる。にもかかわらず、それらのものが「ある」と前提して何かを言ったり為したりすることは、無意味どころか罪なことである。

 「見えざる「道理の感覚」が拘束力を著しく喪失したとき、もともと歴史的相対主義の繁茂に有利なわれわれの土壌は、「なりゆき」の流動性と「つぎつぎ」の推移との底知れない泥沼に化するかもしれない」と丸山は言う。
 そして、その歴史主義化が却ってそのつどの絶対化を呼び起こさずにはいないだろう、と言う。
 丸山のこの指摘は鋭い。
 現代は先鋭化した「絶対」が虚構の上に立ち現れている。それは、もともとの基底が「無窮」であるからばかりではない。無窮性をも失った時代に「絶対」が存立しているのがおかしいのだ。それが無窮性を持った自然法であれ、もっと主体性を持った作為の法であれ、なんらかの存立基盤となっているのならよい。
 丸山の指摘通り「歴史主義化」は進み、「絶対性」は先鋭化しているにもかかわらず、一つ一つの「絶対」は見えて来ず、「つぎつぎとなりゆくいきほひ」の濁流に飲み込まれている。
 丸山の「古層」は通時的問題を浮かび上がらせている。

 ここまで考えて、丸山が戦前/戦後に拘るのも、私が高度経済成長前/高度経済成長後に拘るのも、根は同じなのかもしれないと思った。時代の前提への反省がないことへの不満なのだ。
 現代人は皆、偶然に甘えている。「である」にも甘えている。そうした甘えの上に厳しい機構を作り上げている。
 これは、丸山が拘った戦争の構造の問題と同じなのだ。
 丸山は、「私が戦争を始めました」という者が何処にもいない曖昧な甘えのもとに始まった戦争で、軍隊的厳しさばかりが増していったことに大きな不満を抱いていたのだ。

 現代は戦争の代わりに「社会」がある。
 「社会を舐めるな」
 「社会人として恥ずかしくないマナーを」
 「現実はそんなに甘くないよ」
 「もっと現実を見なさい」
 「社会に出たらそんなのは通用しないよ」

 こういうことを言う人たちは社会を厳しいものとしたがっている。まるで戦時中の軍隊が丸山に「軍隊を舐めるな!」と怒鳴ったように。
 だが、誰がその厳しい軍隊を主導しているのかは全然わからない。聞いてみても、「上官の命令だ」。その上官に聞いてみてもさらにその上官からの命令。上官の上官の上官、、、最後に行き着くところは天皇陛下からの御命令だ、と天皇に責任を押し付けるも、天皇に責任はないと言う。

 現代社会も“誰が”そういう社会にしているのか、という意識は誰にもない。「社会とはこういうものだ」という所与があるだけである。
 丸山が「今や“誰が(ヴェーア)”が問われなければならない」と言ったのはそういうことだ。

 「こうして古層における歴史像の中核をなすのは過去でも未来でもなくて、「いま」にほかならない。」

 「つぎつぎとなりゆくいきほひ」に待ったをかけた丸山。そもそも日本には「なる」はあって「なす」はない。不断に響き続ける「“中今”への讃歌」を止めて見せた丸山。
 しかし、政治をテーマとしているかぎり、丸山には「中今」が響き続ける。政治というテーマは常に「現代政治」を話題にせざるを得ないからだ。

 思想家としての丸山はこんなにも魅力に満ちているのに、政治学者としての丸山はつまらない。

 「錨づけからとき放たれ」る必要があるのは丸山だ。

 私は8月15日から丸山を解放してあげたい。

 だが、丸山の中では思想と政治は不可分のものであり、丸山を8月15日から解き放った途端に、その思想は輝きを減じてしまう。

 丸山はその生涯をかけて8月15日に拘った。
 それはそれで美しい。

 丸山の思想を政治以外にどう適用していくかは、後世の人間に託された仕事だ。


【関連する記事】
  • 丸山眞男をひっぱってきたい ―丸山眞男生誕100年―(2014/03/22)

  • 丸山眞男くん(小学四年)に学ぶ大震災(2014/03/10)
  • スポンサーサイト



丸山眞男くん(小学四年)に学ぶ大震災

 丸山眞男くん(東京の四谷第一尋常小学校四年生)が書いた震災の作文がすごい。

 思想家、丸山眞男が9歳のときに経験した関東大震災の様子を綴ったこの作文は、関東大震災の貴重な記録となっているばかりでなく、また現代への警鐘として多くの示唆に富む。


地震の揺れと火災の二つが被害の主因であることを見抜いていた丸山少年

 お昼近くなつて来たので、御飯の用意をした。
 すると突然、「ガタガタガタ」と地震がすると同時に、天地もひつくりかへる程の上下動の大地震がした。僕等は皆まんなかにあつまつた。柱がゆれる。かべは落ちる。すすが頭にふりかかる。まるで舟にのつて暴風雨にあつたやうにゆれる。


 丸山少年は、大震災に遭ったときのことを、このようにかなり克明に書き記している。

 この作文は、丸山眞男(当時、小学四年、九歳)が、大正十二年の九月から十月の初めにかけて書いたもので、自分で奥付などもつけて仮綴じし、「本」の体裁を整えたものである。

 丸山少年がすべて自分で考えて書いたとは言い切れないかもしれない。周囲の大人たちが話していた知恵も少しは入っているだろう。新聞やラジオで得た見解も入っているかもしれない。だが、それらの中から何を書くべきかを取捨選択しているのは、やはり丸山眞男である。9歳にしてこれだけ冷静に震災のことを書き残せている丸山眞男に、私は驚嘆を禁じ得ない。

 丸山少年はこの本の「序文」で、「震災ばかりなら、まだよいのに、火災が起り、二つで攻めて攻め立てたので、如何なる帝都もつひに、このやうになつたのである」と書いている。
 後の時代の私たちは、関東大震災の被害が地震動による家屋の倒潰だけでなく、その後の火災による被害が大きかったことを“歴史”として知っているが、丸山少年は震動と火災の二つが大きな被害要因であることを、当時もうすでに分かっている。

 九月一日の夕刻、丸山一家は、火災が迫って来そうな四谷を脱出して避難を始める。

 時計を見ると十一時である。向ふを六時に出たから、こつちへ来るまで、五時間かかつたのである。
 その晩は長谷川さんの家でねた。


 徒歩で5時間も歩いた、というこの記述は、東日本大震災の日の東京近郊における大量の帰宅難民の人たちを思い出させる。
 丸山一家が向かった先は、親が親交のあった東中野の長谷川如是閑宅である。その日は、大きな「長谷川さん」の家の庭にテントを張って寝た。


意外な情報の速さ

 大正十二年当時は、今と比べればテレビもインターネットもなかったし、情報を得る手段と言えば新聞や後はラジオがあったかというぐらいだったろうが、この丸山少年の作文を読んでいると意外と当時の情報の伝わり方は速かったのだな、と思わせる記述がある。

 すると新宿の方から、ものすごい黒煙があがつた。
 正ちやんが「あつ、火事だ、新宿だ」
とさけんだ。と、一せいにその方を見た。
 正ちやんのお母さんが、「十二階がおれたそうですね」とおつしやつた。


 「十二階」というのは、当時の日本を代表する高層建築、「浅草十二階」のことである。
 四谷に住んでいた丸山が、九月一日当日に、浅草の建物が倒れたことを知っていた。さらに、「神田も浅草ももうとつくに皆やけたそうだ」と書き、下町が火災によって全滅に近い状態であったことも把握している。


震災直後のデマ

 東日本大震災の後にもさまざまなデマが飛び交ったが、関東大震災のときにもあった。
 丸山少年は「恐ろしいうわさ」として次のように書いている。

 それから又朝せん人が、ばくだんを投げたり、するそうで、市の方で、けいかいが、げんぢゆうになつたから、こつちの東中野へ来たといふ話だ。ここまで逃げてきて、ばくだんで、やられたら、こなみぢんになるだらう。と思うと、思はず、身ぶるいする。


 私は小学校の社会の時間に、関東大震災の直後には「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」というデマが飛び交った、と習ったような気がするが、丸山少年によれば爆弾を投げるという話もあったようだ。
 しかしさすがに冷静沈着な丸山眞男くんもこの話がデマである可能性を考えるところまでには至らなかったのだろう、9歳なのだから無理もない、と思いきや、巻末の「付録」に、ちゃんと次のように記していた。
 少し長くなるが引用しよう。

付録二 自警団の暴行
 震火災の後、朝せん人が、爆弾を投げると言ふことが、大分八釜しかつた。それであるから、多くの、せん人を防ぐのには、警察ばかりではどうしても防ぎきれない。それから自警団と言ふものが出来たのである。だが、今度の自警団はその役目をはたして居るのではなく、朝せん人なら誰でも来い。皆、打ころしてやると言ふ気だからいけない。
 朝せん人が、皆悪人ではない。その中、よいせん人がたくさん居る。それで、今度は朝せん人が、二百余名は打殺されてゐる。その中悪いせん人は、ほんのわづかである。それで警察の方ではなほいそがしくなる。それであるから今度の自警団は、暴行を加へたことになる。しらべて見ると、中には、せん人をやたらに、打殺したので、警官が、しばらうとすると、それに、うつてかかつて、さんざんなぐつた末、警察にまでおしこんで行くやうならんばう者もある。このやうにするのなら、あつてもなくても同ぢである。かへつてない方がよいかもしれない。こんなことなら自警団をなくならせた方がよい。
 自警団とは前にも申した通り、警察ばかりでは防げないから、そこで自警団と言ふ物を作つたのであつて、決して、朝せん人を殺すやくめとはまつたくちがふ。


 自警団ができた目的を考えた上で、それがまったく正常に機能していないどころか、却って悪になっている。こんなことなら無くしたほうがよい、という丸山少年の炯眼が光っている。


「公」への意識

 さらに丸山少年は、「今後の注意」として「公」への意識を語っている。

 今度の震火災の時百数十箇所から火が出たと言ふがもし東京の人が、自分一人を思はないで此の東京市を思ふ心があつたら、あんな大火にならずにすんだであらう。なぜならばあの時ちようど昼ごろ大抵の家は火をたいてゐるところであつた。すると突ぜん大地震が襲来した時大方の人は自分一人の命がたすかれば、この東京市はどんなになつてもかまふものかと言ふ心であつたに相ゐない。そうでなければすぐに地震中、てばやく火をけすであらう。東京の人がその心だつたらあんなにやけずにすんだであらう。
 この事は東京市民の恥であり又、日本の国の恥である。だから我々は未来どんなことが起つてもけつして自分一人を考へず公の事を考へなければならない。


 丸山少年のこの「注意」は、関東大震災について言ったもので、どんなときも我先に逃げてはいけない、と言うのは、津波の場合や東京大空襲のような場合に必ずしも当て嵌まるわけではない。
 だが、関東大震災の被害が大きくなった原因の分析としてはかなり鋭い。
 東京で生まれ育った私は、子どもの頃から地震が起きたらまず火の始末!と教わってきたが、それも、この時の教訓が生きているからだ。

 東日本大震災のときは、多くの日本人は店に殺到して食料品を強奪したりなどせず、じっと行列を作って並ぶ姿が世界から賞賛された。しかし、“ひっそりと”買い占めは行なった。
 自分一人さえ助かれば構うものか、という気持ちは現代の人の心の中にもあるのだ。
 丸山少年の「けつして自分一人を考へず」という警句は、現代にあってもなお重要な意味を持つ。


関東大震災と東日本大震災の共通点

 丸山少年はこの本を次のように締め括っている。

(午前十一時五十八分四十六秒)
安政大地震より七十年後


 東日本大震災でも「午後2時46分」までは言うが通常「秒」までは言わない。
 そして「前回」の東京の大地震である安政地震のことまで調べているのは恐れ入る。

 こうして見ると、関東大震災当時の様子は東日本大震災の時の東京と、そう変わらないような気がする。もちろん東京の被害は前者の方が甚大だったが、地震直後からいろんな情報が錯綜したり、デマが飛び交ったり、不安に駆られた行動をとったり、意外と冷静だったり、多くの共通点を感じる。

 夜になつた。電気がこないので、電車・電灯・電話、等も通ぢない。その外、水道・瓦斯もこないので丸で昔だ。地震のために今が昔にひつくりかへつたんだ……こう思うと、おかしくなつた。


という丸山少年の子どもらしい表現の感想を読んでいると、電話や電車が通じなくなったのは、東日本大震災の東京でもあったし、電気に頼って暮らしていて、それがストップしたら大混乱、という図式は、大正時代からそれほど変わってはいない、いやそれどころか電気への依存度はますます弥増している、現代は大正時代からどれだけ進歩したのだろうと思わずにはいられない。

 小学四年生の丸山眞男くんが、いつか来るであろう「東京大地震」の問題点を教えてくれている。都市計画や防災対策ばかりでなく、いざという時の人々の心理や行動の在り方など、実に多くのことを示唆してくれている一冊である。


(参考文献:「恐るべき大震災大火災の思出」『丸山眞男の世界』(みすず書房)所収)