暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

タグ "環境" の付いた記事

クルマ社会とパチンコ社会日本

 先日、秋葉原の書店の店頭で、『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』(若宮健著、祥伝社新書)といふ本を見かけた。
 そのことについてブログに書かうと思ってゐたら、すでに小飼弾氏が書いてゐた。

404 Blog Not Found:国辱 - 書評 - なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか

Amazonの在庫が一向に回復しないので楽天で買ったが、その楽天も今は在庫切れ。今調べた限りe-hon、7net、紀伊國屋Webにはまだあるようだ。


と書いてゐるが、私が数日前に書店に行ったときは普通に書棚に積み上がってゐた。小飼氏はリアル書店には行かないのだらうか。

 先づ、この刺激的なタイトルに惹かれて手に取った。

 韓国がパチンコ店を全廃できたことを日本で最初に報じたのが、この著者なのださうだ。
 韓国社会は以前、パチンコによる腐敗がひどく、パチンコ中毒者がたくさん出て大きな社会問題になったらしい。しかしその後、国を挙げての政策で国内からパチンコを一掃した。そして著者は、なぜパチンコは廃止されなければならないのか、なぜパチンコが「害」なのかを詳しく説いてゐる。

 そしてこの著者が最も力を入れて訴へてゐることは、どうして韓国にできたことが日本にできないのか、といふことだ。韓国にできて日本にできないのが悔しい、といふ著者の熱い気持ちが伝はってくる。

 さう言へば、韓国は数年前にもソウル市内の清流「清渓川」を復活させた。高速道路を撤去し、暗渠化された川を清流として蘇らせた。都心の一等地で不可能と言はれた大プロジェクトだったが、見事に成功させたのだ。
 翻って、我が日本の東京では、都心部に相変はらず高速道路が走り、川は暗くて汚いまゝだ。日本橋を訪れる若い人の中には、橋の上に架かってゐる高速道路が「日本橋」なのだと思ってゐる人もゐるとか。

 この本の著者は他にも、韓国に取材に訪れたときに感じた電車内での若者のマナーの良さについても書いてゐる。韓国の若者はシルバーシートに座らないとか、年上の人にさっと席を譲るとか。いづれも日本人が見習ひたいことだ。

 この本全体から私が感じたのは、著者の、昔の美しき日本を取り戻したい、といふ熱い思ひだった。

 いったいこの本を書いた若宮健といふ人はどんな気鋭の若手ジャーナリストなんだらうと興味を持って、著者プロフィールを見てみたところ、

1940年秋田県生まれ。ジャーナリスト。


と書いてあり、決して若くはないことがわかった。しかしその後に書かれてゐたプロフィールが特に私の目を引いた。

トヨタ自動車に19年勤務。営業マン13年の実績から、トヨタ本社より新車1000台販売の表彰を受ける。


と誇らしげに書いてあったのだ。

 私は、手にしてゐたその本をそっと棚に戻した。

 この著者は、パチンコの害悪を訴へてゐるが、戦後日本のモータリゼーションに伴ふ、騒音、公害、環境問題、「交通戦争」とまで呼ばれた交通事故死者の問題、日本の田舎の隅々にまで行き渡ったクルマ社会が齎す様々な問題、景観問題等を、どう考へてゐるのだらうか。

 日本は田舎に行けば行くほどクルマ社会だ。田舎の本屋は必ずと言っていいほど「本」と書かれた巨大な看板を掲げてゐる。あれはクルマに乗って猛スピードで走り抜けていくドライバーに気付いてもらふために、あゝなってゐるのだらう。
 日本の田舎はどこに行っても、さうした似たやうな醜い光景が広がってゐる。かうした問題を2004年に告発したのが、三浦展『ファスト風土化する日本』(新書y)といふ本だった。三浦展氏は、この本で、日本の田舎が地域固有の特性を失ひ、どこに行っても大型ショッピングセンター、ファミレス、パチンコ屋、といった似たやうな風景が並んでゐる醜さを批判し、かうしたものが田舎に住む人々の暮らしの在り方や家族の在り方、ひいては人間関係までをも変容させてしまってゐると説いた。

 私が住んでゐる東京の真ん中は、電車網が発達してゐてクルマは要らないはずなのに、東京でクルマの交通量が少ないなどといふこともない。

 世界中から観光客が訪れる古都京都も、烏丸通や四条通などのメイン通りを除けば、だいたいは細い通りで、どれぐらゐ細いかといふと、どの通りもちゃうどクルマ一台が通れるくらゐの幅に出来てゐる。クルマが通るたびに散策中の観光客が一斉に壁にへばりつくのは、よく見る光景である。
 あの「古都」京都でさへ、クルマ第一主義、クルマ優先社会なのだ。他の都市は推して知るべし。

 私には、クルマに汚染された日本社会とパチンコに汚染された日本社会は同じくらゐ醜く見える。


 とは言へ、「パチンコの病理」をこゝまで深く追及した本は他にないと思ふので、日本社会とパチンコの問題について考へる上では、価値のある本だと思ふ。


スポンサーサイト



『いじめの直し方』-いじめ問題は誰に語られるべき問題か

 『いじめの直し方』(内藤朝雄・荻上チキ著、朝日新聞出版)を読む。

 薄い本で、しかも小中学生に語りかけるやうな口調でわかり易く書かれてゐるので、短い時間で読める。


いじめの直し方いじめの直し方
(2010/03/19)
内藤 朝雄荻上 チキ

商品詳細を見る


 この本では、「元気も勇気もいらないし、きみが変はる必要もない」と言ふ。タイトルが「治し方」ではなく「直し方」となってゐるのも意味があって、いぢめが起きやすい環境や構造を見直さう、といふ意味があるやうだ。
 普通のいぢめ関係の本だったら、「負けるな」とか「いぢめに立ち向かへ」「強くなれ」「きみ自身が変はらなきゃ」などといった言葉が並ぶのが普通だが、この本には一切そのやうな言葉は出てこない。

 例へば、著者は交通事故の例をあげる。道路のある場所で交通事故が異常に頻繁に起こる場合、もちろんドライバーはもっと注意深くなるべきだし運転技術の向上のために努力しなければならないが、しかし、その場の環境や構造を見直すことも大切なのでは?と著者は言ふ。
 たしかに努力は大事だ。私たちは日々努力を怠るべきではない。しかし、ある特定の場所で異常に交通事故が多かったとしたら、やはりその場の環境に何か問題があると考へるのが自然ではないのか。
 
 広い海で仲良く泳いでゐた魚たちを狭い水槽に入れると途端にいぢめが始まる、といふさかなクンの話も本書では紹介されてゐる。

 (参考リンク)いじめられている気味へ - 広い海へ出てみよう 東京海洋大客員助教授・さかなクン

 学校といふ日本の閉鎖的で特殊な環境がいぢめを生み出してゐる構造について私たちは考へるべきなのだ。

 よくプロボクサーなどが「自分は子どものころいぢめられっ子だったので、強くなりたいと思ってボクシングを始めました」などと言ふのを聞く。かうした話はテレビなどでよく紹介されるのだが、これなどはまさに「いぢめられっ子自身が変はらなきゃ」といふ発想のものだ。もちろん本人が変はりたいと思ったなら変はっていいのだけれど、大人がかうしたことを子どもに言ふのはよくない。子どもだけではなく、いぢめに苦しんでゐる大人に対して言ふのも間違ってゐる。それは、いぢめられっ子は「弱いからいぢめられる」のではないからだ。
 「弱いからいぢめられるのではない」といふことについては、例へば渡辺真由子といふメディアジャーナリストが『大人が知らないネットいじめの真実』といふ本の中で明確にはっきりと述べてゐる。

大人が知らない ネットいじめの真実大人が知らない ネットいじめの真実
(2008/07/25)
渡辺 真由子

商品詳細を見る

 
 いぢめ問題は、まづ誰に語りかけるべきかといふ問題がある。『いじめの直し方』は良い本だ。この本は、いぢめられっ子に向かって語りかけてゐる。いぢめに遭ったときどうすればいいか、処方箋のやうな本だと言へるだらう。
 私は、だが、いぢめ問題といふのは本来、いぢめっ子、または大人たちに向かって語られるべき問題だと思ふ。順番としてはそちらが先だ。いぢめられっ子本人がなんとかしなければいけない問題ではない。狭い水槽に入れられた魚はどうやって広い海に戻ればいいのか?魚自身の努力でなんとかなるのか?魚たちを狭い水槽に入れた人間が問題なのである。まづその人間に向かっていぢめ問題は語られなければならないはずだ。

 となると、この本も、いぢめられっ子ではなく大人たちに読まれるべきである。「弱いからいぢめられるんだ」「本人が変はらうと努力しなきゃ」「がんばれ」「応援してるから」等々、いぢめの自己責任論を振りかざす無責任な大人たちにこそ、この本を読んでもらひたい。
 いぢめられっ子自身も当然、いぢめられてゐる現状は嫌なわけだから、なんとかして環境を変へようと努力するだらう。しかし環境を変へるのは私たち大人たちの責務である。その責務を放ったらかしておいて、いぢめられっ子に向かって「がんばれ」などと言ふことは、到底許されることではない。