暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

タグ "相撲" の付いた記事

追悼 千代の富士

千代の富士の相撲が好きだった。
大横綱、千代の富士の相撲は強いし美しかった。小兵力士ではあったが強靭な腕の力で寄り、投げた。千代の富士以降、大相撲の世界ではさらなる「大型化」が進んで行ったが、江戸、明治の頃の力士はこんな風だったのではないか、と思わせる、最後の「日本の横綱」という感じの力士だった。
2016年7月31日、千代の富士の訃報が走った。
国民栄誉賞の人の訃報なので、本来ならトップニュース扱いされるべきところだったが、その日は生憎、都知事選の日で、ニュースは都知事選の話題ばかり。その後もこの夏はリオオリンピックや、政治的社会的にもビッグニュースが多く、千代の富士逝去のニュースが霞んでしまったのはさびしいことであった。
千代の富士の訃報を受けて、元横綱の朝青竜が「横綱たちの横綱」というコメントを出した。歴代の横綱が集まったら、その中で横綱、という意味だろう。
歴代の横綱の中でいったい誰が一番強いのか、つまりそれぞれ最盛期の時の横綱を一同に会わせて総当りで対戦したら、誰が勝つのだろう、というのは、相撲ファンならずとも興味のある話題ではある。
私は千代の富士が「史上最強」かどうかは分からない。「最強候補」ではあろう。昭和以降であれば、他に、双葉山、大鵬、北の湖、貴乃花、白鵬あたりも強そうだ。
だが、最も「美しかった」「かっこ良かった」のは千代の富士だ。私にとっては。
体が小さいということは、体重をかけて押すということができないので、それで勝つのは、つまり腕の力が凄まじかったということだ。そして押されても押し負けない下半身の強靭さも兼ね備えていた。強さだけでなく靱やかさも併せ持っていた。
相撲は、強さと美しさと両方が大事だと思っている。単なる「スポーツ」ではない。「格闘技」でもない。千代の富士の雲龍型の土俵入りは比類の無い美しさだと言われている。
今後、このような「美しくかっこ良い」それでいて強い力士が現れて来てほしいと思う。


猛烈な日差しが照りつける夏の日、そっと手を合わせた。
thumb_IMG_5523_1024.jpg

小柄なイメージが強い千代の富士だが、手を重ねてみると、指の先は2センチほど余り、指の幅も太く、やはり一般人に比べたら全然大きくて逞しい手なのであった。
thumb_IMG_5516_1024.jpg

この左手であの強烈な左前みつを取ったんだ。
墓にも。蟬噪を忘れるほど、亡き横綱に思いを馳せながら静かに手を合わせた。
thumb_IMG_5529_1024.jpg

正確には、これは千代の富士の墓ではない。私が参った時はまだ千代の富士の告別式が行われておらず、千代の富士はここには埋葬されていない。千代の富士のご家族の墓である。そしてこの後、千代の富士がこの墓に埋葬されるのかどうかも分からない。
後ろの卒塔婆には、零歳で亡くなった三女の娘さんの名前が見える。モデルとして活躍する梢さんの妹にあたる。三女を亡くした時の千代の富士は、周囲から「もう二度と相撲は取れないんじゃないか」と心配されたほどの憔悴ぶりであったという。
thumb_IMG_5539_1024.jpg

仁王立ちする千代の富士の像。その見つめる視線の先には先に逝った愛娘が。
強く美しき大横綱、安らかに。
スポンサーサイト

相撲界の旧習の善し悪し

 先月、大相撲のチケットが入つたので、観に行つた。

 大相撲は料金が高いから、私たち貧乏人は、さう簡単に観に行けない。

 私は、幼い頃に一度、蔵前国技館には行つたことがあるのだが、両国国技館には行つたことがなかつたので、初めての経験であつた。

 国技館の中に入ると、通路の両側にいろいろな「店」が出てゐて、この「店」でチケットを見せると、その店の人が桝席まで案内してくれ、さらには席に座つた後も、飲み物を持つてきてくれたり弁当を出してくれたり、いろいろと接待してくれる。

 で、感じたのは、かういふ接待は必要なのか、といふこと。
 例へば、同じ娯楽でも、映画館などでは、飲み物や食べ物は自分で買つてくるし、席も自分で好きな席に座つていい。だが、大相撲では、席も決まつてゐるし、席料も高い。おそらく、会社の「接待」といふ文化とも密接な関係があるのだらう。

 桝席は、文字通り「桝」のやうな四角い形をしてゐて、4人まで座ることができる。この「桝」をお得意さんが買ひとつてゐるので、たとへ、満員御礼にならなくても、日本相撲協会は毎場所、安定した金銭収入を見込めるやうになつてゐるのだと思ふ。

 この「お得意さん優遇」の文化がどうも苦手だ。観に行つたことがないからわからないけれども、たぶん歌舞伎のやうな他の伝統芸能にも、さういふ文化があるのだらう。
 私は今回、特別なチケットを持つてゐたので「店」の人に厚遇されたが、もしさういふ特別なチケットを持たずに観に行つたならば、冷遇とまでは言はないまでも、かなりの差別的な扱ひを受けてゐたのかもしれない。

 「ご贔屓筋」を大切にするのはたしかにそれなりに大事な意味を持つかもしれないが、もう少し「一見さん」にも優しくならないものか。
 京都には「一見さんお断り」などといふ店もあると聞くが、これはひどい話だ。誰でも最初は一見さんなのだから。

 昨今、相撲文化が低落傾向にある。人気も下降気味だ。映画館のやうに、全席自由席にして、面白ければ客が入る(収入が入る)、面白くなければ客が入らない(収入が入らない)、といふやうにすれば、これは実力制度なので、相撲協会もあるいは力士たちももつと本腰を入れた対策を考へるのではないだらうか。

 お得意さんたちに庇護されてゐる現状は、たしかに相撲といふ日本の大切な伝統文化を潰さないためには一面では大事なことであるけれども、文化の真の興隆といふ面ではマイナスに作用してゐる面もあると感じた次第だ。