暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

タグ "社会" の付いた記事

学校のいじめと社会

(2012/7/9加筆あり)

【学校が人を怪物にさせる】大津いじめ自殺事件についての内藤朝雄さんのコメント - Togetter

 これを読んで、同感する部分もあったが少しく違和感を感じた気になった部分があったので書き留めておきたい。

 違和感を感じた気になったのは、内藤朝雄氏の次のようなツイート。

【学校に法を、いじめ加害者に刑事罰を】暴力に対しては警察を呼ぶのがあたりまえの場所であれば「警察だ」の一言で、(利害計算の値が変わって)暴力によるいじめは確実に止まる。加害者が大きな損失を被ってまで特定の人をいじめ続けることはほんんどない。
【学校に法を】いじめは「やっても大丈夫」「やった方がむしろ得だ」という利害構造に支えられて蔓延し、エスカレートする。さらに法は、現実感覚のモードを切り替えるを、強力な解除キーとして働く。
【法は解除キー】法執行機関が目の前に迫ってきたり、「警察を呼ぶ」「告訴する」「あなたの行為は刑法○○条に触れている」といった法の言葉が発せられたりするだけで、現実感覚は聖なる集団生活のモードから、市民社会のモードへと、瞬時に切り替わる


 今回の大津いじめ自殺事件では、その警察も頼りにならなかったから問題になっているわけで、「警察を呼びます」、「法に訴えます」と言って解決するならいいが、警察も法も守ってくれなかったらどうすればいいのか。

 内藤朝雄氏の考え方は、「学校」という場所を特別な場所にしないでその中に「市民社会」のルールを適用させよう、という考え方だ。

【学校での暴力はすぐに警察に】路上で誰かが誰かを殴るのを目撃したら警察に通報するのが当然だが、学校の「友だち」や「先生」の暴行傷害を学校の頭越しに警察に通報すれば、学校と地域社会で非難されるのは加害者ではなく被害者や目撃者の方となりがちだ。


 つまり、「あなたたちいじめっ子の行いは“社会”では通用しません」と言いたいのだろう。

 だが、ちょっと待て。この「そんなの社会では通用しません」、「社会はそんなに甘くありません」、「社会の厳しさを教えてやる」という言葉はどこかでよく聞く言葉だ。

 同じ日にこんな文章を見た。

 体育会系のクズがやさしい社会を殺してる気がする(はてな匿名ダイアリー2012-07-08)

 この中に、

体育会系は「社会は厳しい」と言う

就職活動中の学生に「そんなんじゃ、社会に出たらやっていけない。」というのが快感になっている。
基本的に学生の事なんかこれっぽっちも考えて喋ってなくて、自分がいかに社会を生きてきたかの武勇伝が中心となる。


とあった。

 私は中学時代、いじめっ子に暴力を振るわれるときに「おまえのそのひん曲がった根性を叩き直してやる」と言われた。彼らは社会の厳しい掟を教えてやってくれていたわけだ。

 大人の社会にもいじめはある。子どもの社会は大人社会の縮図である。本来、規範となるべきその大人の“社会”がダメダメである。まず“社会”が全然立派じゃない。とても胸を張って子どもに教えられるようなものじゃない。

 そして学校は、人間がいきなり社会の厳しい荒波に揉まれて戸惑わないように、生きていく術を身につけておく場だと位置づけられている。それは2002年以来の学習指導要領に打ち出されている「生きる力」というスローガンにも表れている。

 しかし“社会”を厳しいものだとしておきたい人たちがいる。無意味に固定化して、それは「変えられないものだ」という人たちがいる。「俺らも1年の頃はこういう厳しい扱きを受けたんだ」と厳しい伝統を守りたがる2、3年生が学校にいるのは、そういう大人たちの高校バージョンであり、中学バージョンである。

 学校がそのような目的を課せられているのであれば、あるいは学校の存在意義がそのように定義づけられているのであれば、いじめっ子がおとなしい子に社会の厳しさを教えているのは一面理に適ったこと、学校の目的に沿ったことだと言えるだろう。
 言えてしまうだろう。



(2012/7/9追記)
 私は内藤朝雄氏の言ってることに同感する部分もあったので、「違和感を感じた」という言葉を「気になった」に改めた。
 内藤氏は、学校が社会の最低限のルール(法)さえ通用しないあまりにも特別な場所になってしまっているのを注意しているのだろう。異常な暴力や命の危険に晒されるほどの行為が学校の中なら許されるというのは確かにおかしい。
 学校という装置の中に長年いると、その異常が常態化してしまう。こうしたことは会社などでも同じようなことが起こる。その団体や組織の中に長年いればいる人ほど、異常に対する感覚は薄れてゆく。ただ、学校は会社に比べて自由度が低い。転校することは社会人が転職するよりもずっと難しい。その点を考慮して「学校に最低限のルールを」と言うのはわかる。

スポンサーサイト



苦しんでる人がいたら社会が助ける

 先日、大阪のマンションで、置き去りにされた幼児2人が遺体で発見されるといふ事件があった。

 この事件について、ちきりんさんが書いてる文章を読んだ。

 誰が何をネグレクト? - Chikirinの日記

 この文章にはたくさんのコメントが付いてゐて、中でも目に付いたのが、「なぜ母親ばかり責められるの?父親の責任は?」といふものだった。この事件を母子家庭の問題として捉へてゐて、「離婚した父親にも責任がある」とか「母親は悩みを一人で抱へ込まないで社会に相談すればよかったのに」といふ声が多かった。

 これが男女逆だったらどうだったらう。父子家庭で父親が子どもを虐待して殺してしまったときに、「なぜ父親ばかり責められるの?離婚した母親の責任は?」、「この父親は一人で悩みを抱へ込まないで誰かに相談すればよかったのに」といふ声が出てゐただらうか。
 父親なら経済力がある、と言ふ人もゐるかもしれないが、それは昔の話だ。今の若い世代の男性はワーキングプアも多く、男だから経済力があるなどとは言へない。

 これは「母子家庭の問題」ではない。「女手一つで子育てするのは大変」などといふのは戦後か高度経済成長期ならともかく、現代においては「男手一つで子育てするのは大変」といふことと大きな差はない。
 大切なのは、苦しんでる人がゐたら社会が助ける、といふことであって、この事件の場合、女だから男だからといふのはあまり関係ない。
 
 それに、この事件は単に経済力の問題だけではなささうだ。精神的な問題や、誰にも相談できなかったといふ人間関係の希薄さの問題など、さまざまな要因が絡んでゐると思はれる。

 ちきりんさんが言ふやうに、行政や社会の仕組みを整へて、かうした悲しい事件を起こらないやうにすることが大切なのだと私も思ふ。
 でも今回のやうに「ちゃんと聯絡したのに行政が何もしてくれなかった」といふ場合はどうしたらいいのだらう。

 マンションの住民の多くが子どもの泣き声を聞いてゐたさうだ。そして、あの家は子どもだけで住んでるのでは?といふところまで感づいてゐる人も何人もゐた。それなのに、誰も助けてやれなかった。都会特有の、あるいはマンション特有の人間関係の希薄さがあったのだらう。
 それに加へて最近は、「プライベート」や「プライバシー」といったことが喧しく言はれるため、他人の家に行きづらい。行政が二の足を踏むのもプライベートにずかずかと入り込んでいくわけにはいかないと思ってゐるからだ。
 それともう一つ、「防犯」や「セキュリティ」の進歩のため、物理的な障碍も出てきてゐる。オートロックのマンションだったら部屋に近づくことさへできない。

 本来なら、小さい子どもが置き去りにされてゐるかもしれないといふ心配があるのだったら、ドアを蹴破ってでも安否を確認しに行くべきなのだ。プライベートがどうかう言ってゐる場合ではない。
 だが、さういふことができにくくなってゐる社会になってゐることを私は憂慮する。

 「社会が助ける」といふ場合の社会とは、もちろん国や行政のことでもあるけれども、「近所の人」も「都会」も「マンション」も「プライベート」も「セキュリティ」も社会である。
 さうした観点から見れば、今の社会は今回の事件のやうにギリギリのところで苦しんでゐる人を救へない社会のやうな気がする。

 「自己責任」といふ言葉は当たらない。命を落としたのは母親自身ではなくて子どもだからだ。この母親には責任がある。そして問題がある。「どうしてこの母親は誰かに頼らなかったのか」といふ疑問は当然出てくるだらうが、問題のある母親にそれを言っても詮ないことだ。それより「どうして周囲の人間は助けてやることができなかったのか」が問はれなければならない。

 社会が、私たちが助けなければいけないのだ。「自己責任」といふ言葉の下にこれ以上苦しんでる人が犠牲にならなければならないのだとしたら、私はそんな世の中は御免だ。



(2010/08/03追記)
 「狐の王国」のKoshianさんが似たことを書いてました。

それでも子育ては社会で取り組むべき - 狐の王国