暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

2008年04月の記事

アースデイに地球のことを考える

 今日4月22日はアースデイ

 アースデイとは、地球のために行動する日、地球に感謝し、美しい地球を守る意識を共有する日、とされてゐる。

 1970年ごろに、アメリカ・ウィスコンシン州選出のG・ネルソン上院議員が、世界中の人に環境問題について関心を持つてもらはうと考へて提唱したのがはじまり。日本には1990年ごろから広まつたらしい。

 世界のポータルサイトも、今日のアースデイに合はせた動きを見せてゐる。

 米Yahoo!(www.yahoo.com)は、“Yahoo!”の“oo”の二文字を三角のリサイクルマークに変へてゐる。


 Googleは、トップページのロゴマークをご覧の通り、自然の模様にしてゐる。


 MSN中国は、ご覧の通り、検索窓にあらかじめ「世界地球日」の文字が入力されてゐる。

 最近の地球環境問題の関心の高まりで、「エコ」を意識してゐる人も多いと思ふ。だが、環境は一向によくなつてゐない。むしろ、温暖化や大気汚染、水質汚濁など悪化してゐると感じられることが多い。
 「地球のために行動する」とはどういふことであらうか。「美しい地球を守る」ために、私たちには何ができるのか。それを考へるためにお薦めの一冊がある。
 NHKから出てゐる「地球データマップ」(2008年2月刊)といふ本だ。この本は、豊富なデータとビジュアルを駆使しながら、温暖化などの問題だけでなく、絶滅する動植物、戦争による悲劇、失はれていく文化、拡がる格差など、環境問題を超えて地球全体の問題を取り扱つてゐる。

 ケータイを使ふと、遠くの国で戦争が起きる。例へば、こんなことをこの本は教へてくれる。
 多くの日本人が毎日何気なく使つてゐるケータイ。しかし、これを使ふことが巡り巡つて、地球の遠くの国で戦争を長引かせることに繋がつてゐる。
 今日会社に行つて仕事をする。こんな経済活動だつて、地球に負荷をかけてゐる。あなたの日常の些細な行動の一つ一つが、環境、生態系、戦争、文化、社会、人間に、影響を与へてゐる。さういふことに無自覚である人が世の中、あまりに多い気がする。

 「ゴミを拾ふ必要はない。ゴミを捨てないことだ」。

 これが、環境問題の本質であると、私は常々考へてゐる。
 私は、ゴミ拾ひなどの社会活動やボランティア活動に参加したことはない。さういふ意味では、私は「地球のために何かしてゐること」はない。けれども、「地球のためにしてゐないこと」だつたらある。
 私は、車に乗らないし、ケータイも使はない。私はおよそ便利なモノは一切使はずに生きてゐる。一体、今の日本に、「車にも乗らないしケータイも使はない」といふ生活を送れてゐる人がどれだけゐるか。

 ゴミを拾ふことも結構だが、まづはゴミを捨てないことだ。そして、便利なモノを使はないやうにすることだ。人間にとつて便利なモノは大抵、地球に負荷のかゝるものだ。

 私たちの世代は、上の世代からろくな環境を残されなかつた。私たちが生まれたころには、日本が高度経済成長を成す前までにはこの国にあつたであらう美しい山川草木が何一つ残されてゐなかつた。戦後の時代を生きた大人たちが、何よりも経済を優先させてきたせゐだ。

 そして、私たちの世代が大人になつた今、次代の人たちに、また同じ愚を繰り返すのか。私は未来の世代の人たちに、良い環境を残してやりたいと思ふ。

 「毎日がアースデイ」と誰かが言つてゐた。さう。今日だけ意識すればいいのではない。だが、今日は多くの人がそんなことを考へるきつかけの日になればいい。今日から地球のことを考へて行動を変へてゆくのだ。できないことはない。


環境問題に関心がある→ランキング
スポンサーサイト



読書とは何か

 先日、丸善で、籠いつぱいに本を買つてる人を見て驚いた。それも文庫本などの軽い本ではなく、辞典やらハードカバーの重厚さうな本ばかり、籠からあふれんばかりに。
 それだけの本を読みきれる自信があるといふことも驚きだが、それよりも「金持ちだなあ」といふのが一番の感想だ。だつて、一冊5000円としても籠の中には10冊以上あつたから、5万円以上。本屋で一回の買ひ物で5万円も使ふなんて。

 私は、本屋にはよく行くけれども、本は滅多に買はない。第一の理由は「金が無いから」。第二の理由は買つても「狭い家の中に置く場所がないから」。第三の理由は「そんなに本を読まうと思はないから」。
 二番目の理由の方は、これから電子書籍が普及していくにつれて解消していく問題かもしれない。だが、紙から電子になつても金は必要である。

 読書家と世間で呼ばれてゐる人たちは、勉強家である前に金持ちであると思ふ。

 それはともかく、読書家と呼ばれる人たちは、この大量情報化社会において、月に20冊以上といふハイペースで大量の本を読破していく。本屋に毎日のやうに新しく登場する新刊出版物も、彼らによつて次々に読み倒されていく。

 さて、読書家たちのかうしたスタイルは、はたして「勉強家」などといつて褒め称えられるものなのだらうか。

 本屋で、平野啓一郎の『本の読み方 スローリーディングの実践』といふ新書を見かけた。

私たちは、日々、大量の情報を処理しなければならない現代において、本もまた、「できるだけ速く、たくさん読まなければならない」という一種の強迫観念にとらわれている。「速読コンプレックス」と言い換えてもいいかもしれない



 はてなブックマークなどにあがる「最低でも読んでおきたい10冊の本」だとか「東大の先生がすゝめる100冊の本」などといふ類のエントリーを見てはこれらの本を次々に早く読まなければと思ひ、勝間和代などの「できる」人が薦めてゐる本を見てはそれも読まなければと思ひ、Amazonなどの書評で絶賛されてゐればそれも読みたいと思ひ、Socialtunesで本を次々とチェックする。そんな強迫観念に追はれてゐる人々には、ぜひ、かういふ本をこそ読んでもらひたい。いや、読まなくてもいい。スローリーディングの大切さ、読書とは何か、といふことがわかればそれでいい。

 『本は10冊同時に読め!』などといふ本がよく売れて、平野のかうした本が注目されない世の中を私は憂ふ。

 私はもとより遅読家である。能力的に速読できないといふのもあるが、速読しようと思はない。仮に速読できたとして、1ヵ月に30冊の本を読んだとして、それは何かの記録か金字塔なのか。
 本は何のために読むのか。もし、今月読んだその30冊の内の1冊の中に「もう、本は読むな」と書いてあつたら、それについてあなたはどう思ふのか。
 本の中のメッセージをどう受け止めるかは問題だ。メッセージを受け止めて、その日からあなたの行動が何らか変はらなければ、本を読んだ意味がない、と言つても言ひ過ぎではない。

 多くの本は辞書ではない。たゞ知識を詰め込むだけの「辞書的な読み方」をしてゐる人がゐたら、それは改めるべきである。行動が改まつていくならば、もうこれ以上本は読めないはずなのだ。

 読書とは何か。平野啓一郎はかう言つてゐる。

本当の読書は、単に表面的な知識で人を飾り立てるのではなく、内面から人を変え、思慮深さと賢明さをもたらし、人間性に深みを与えるものである



 一考すべきである。そしてそれがわかつたら、今日から行動を変へるべきである。


人気ブログたち→ランキング