暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

2008年09月の記事

"Google Chrome"何と読む?

 つい数か月前に、Firefox3がリリースされて話題になつたばかりだと思つてゐたら、今度はグーグルが新ブラウザを発表してきた。

 新しいブラウザが登場するのは、ブラウザチェックの手間が余計にかゝることになるので面倒なだけだ、と、どこかのウェブ制作者が嘆いてゐた。

 私も、この新ブラウザ「Google Chrome」のベータ版をダウンロードして使つてみたが、使ひ勝手は、Internet Explorer(IE)やFirefox(Fx)とは少し違ふやうだ。
 まづ、画面構成がシンプルだ。余計なボタンなどが初めからないので、ウェブページをPC画面上で広く見ることができる。そして、多くの人から言はれてゐるやうに、ページの読み込み速度が若干速いやうだ。
 他にも、アドレスバーで検索ができたり、シークレットウィンドウで履歴を残さず閲覧できたりと、魅力的な機能はいつぱいあるやうだ。

 そのせゐか、Google Chromeが早速、世界でブラウザシェアの1%を獲得した、などといふニュースもあつたが、はたして日本ではどれぐらゐの人が使つてゐるのだらうか。

 私も今までにFx以外にも、OperaとかSleipnirとか古くはNetscape Navigatorとか、さまざまなブラウザを使つてきたが、結局、IEに落ち着いてしまつてゐる。なんだかんだ言つて、IEが一番使ひやすいからだ。(たゞし、IE7よりもIE6の方が使ひやすかつた。)IEでなければ美しく表示されないページもまだまだいつぱいある。

 ブラウザなんてどれで見ても一緒、と思つてる人もゐるかもしれない。
 先日、アップル社のサイトでビデオガイドを見た。QuickTimeの動画だつたが、その動画を見るときにブラウザによる違ひが現れた。
 IEでは、“つまみ”をスライドさせることで、動画を途中の好きなところから見ることができたが、FxとGoogle Chromeでは、つまみをスライドさせることができず、動画は最初から見なければならなかつた。なにかブラウザの設定の問題なのかもしれないが、私はこの一件をもつて、やはりIEが一番優秀なのではないかと思つてしまつた。

 ところで、話はちよつと変はるが、皆さんは、"Google Chrome"を何と読んでるだらうか。
 かういふ新しく日本に入つてきた英語は、ある一つの読み方が定着するまでは割と皆、好き勝手な読み方をするものだと思ふ。英語の発音だと「クローム」が近いと思ふのだが、どうだらう。

 先日、「"iPhone"はなぜアイフォーンと読むのか」といふ記事の中で、皆さんは「iPhone」を何と読んでますか、といふアンケートを実施した。その結果、回答者数が少ないのであまり参考にはならないが、

「アイフォン」-68%
「アイフォーン」-12%
「その他」-18%
(2008年9月7日現在)

といふ結果になつた。
 「その他」の人が、どういふ読み方をしてるのかがちよつと気になつたが、とにかく「アイフォン」と読んでる人が多さうだ。

 そこで今回もアンケート。
 「Google Chrome」、皆さんは何て読んでますか?