暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

2009年12月の記事

ついったーで出会った名言たち2009

 2009年に、ついったーで出会つた名言たちを勝手に紹介。
 基本的には「じーん」とくるやうな感動的な言葉をふあぼることが多いのだけれども、今回は敢へてそのやうな感傷的な言葉は外して、知的で機知に富んだ言葉を集めてみた。

 @が発言者。クリックするとその人のページに飛びます。

死後気をつけます。@oika

 これは昔からあるかもしれない。オリジナルかどうかわからない。

カール・マルクスもイエス・キリストもニート。ゴッホもニート。@labyrinthos

 就職難の時代。

大富豪って、私の周りで大貧民と呼ばれるゲームのことでしょうか。これが格差か!そうなのか!@MIKAPASK

 貧富の格差が拡がってる時代。格差社会について考へさせられた。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」は、垂れているんじゃなくて、後ろにおもいっきりふんぞり返ってるんだよ。@abexxxx

 知らなかつた。

「○○許すマジ」と書くと、許さないのか本気で許しているのか判断がつかない。@takamatti

 「真」と「虚」の区別がつきにくい世の中。

セカイカメラにせよ、DQIXにせよ、人口格差がそのまま体験格差につながっている。これは現状の地域格差の構造と共通部分がある。インターネットが人の距離を埋めるというのは幻想だったのか。どうしたらこの構造を変えられるのか。@Sheeps_Head

 セカイカメラがヒットしたときにつぶやかれた発言。地域格差の問題について考へさせられた。

ノーベル平和賞のことを、Nobel 'Not Bush' Prize と言うことにしたらしい。英語版TwitterのBushの検索結果より。これは、自分のブログに書き添える。@nofrills

 痛烈な皮肉。

『ユーザーが付けた1favにつき1円をアフリカの恵まれない子供達に寄付しています』ってサービスをtwitterが開始したら、有数の慈善団体活動になると思う。@kasach1

 twitterさん、余裕があればぜひ。

損なう@chidoricco

 ついったーでよく使はれる「なう」だけど、いろんな使ひ方があるのを初めて知つた。

ネコとアヒルが力をあわせて本当に招こうとしてるのは会社の利益ですよね。@motyli

 「まねきねこダック」の歌が流行ったときにつぶやかれた名言。

lists=ニンゲン牧場@bacteriasleep

 ついったーのリスト機能が発表されたときにつぶやかれた。たぶん話題になつた「男の子牧場」に掛けてある。

それはあなたです!  あ!はなたれそです@loxfox

 ついったーの自分のページの一番上に書かれてる言葉のアナグラム。「鼻垂れそうです」の「う」が抜けてる響きが今にも垂れさうな様を伝へてる。「!」マークまで上手に使つてゐるのがすごい。

そもそもリーマン予想とは何なのだ。リーマン・ブラザーズの次年度景気予測みたいなものかと思っていたから、まったく意味がわからなかった。@miyukinagano

 NHKスペシャル「リーマン予想」が放送されたときにつぶやかれた言葉。2008年来のリーマンショックに掛けてゐて面白かつた。数学者にも景気予測をしてもらひたい。

「ラブプラスの魔」 自由意志により行動してるように見えるヒロインもある瞬間の状態と選択肢の可能性を正確に観測することによってエンディングまで全てが確定的にわかってしまうこと。@ironsand

 2009年に大ヒットしたゲームと「ラプラスの悪魔」を掛けてある。ラプラスの悪魔を知らなければ意味のわからない言葉。ちよつと理系の名言。


 以上、14tweet。お気に入りの名言はありましたでせうか。2009年を象徴する出来事を含む発言を意図的に多く選んでみたので、今振り返つてみると、あゝこんなことがあつたなあ、といろいろ思ひ出します。

 2010年もたくさんの名言に出会へることを期待して。

スポンサーサイト

2009年Twitterでつぶやかれた最も重要な10のつぶやき

 buzzmarketing dailyといふブログを読んでゐたら興味深い記事を見つけたので紹介。
 「2009年最も重要なつぶやきトップ10」といふ記事です。
 以下、その抄訳&超訳(解説含む)。

1.

我々は歴史を作った。皆さんが時間と才能と情熱を注いでくれたおかげです。ありがとう。@バラク・オバマ

解説:ノーベル賞受賞者でもあるオバマ大統領は選挙の勝利をついったーでつぶやいた。世界へつながるオープンウェブとして利用したのである。

2.

僕たちの勝利だ!!!@アシュトン・カッチャー

解説:熱狂的なついったーユーザーでハリウッドスターのアシュトン・カッチャーが、CNNを抑えて史上初めて100万フォロワーを達成したときにつぶやいた。大きなパラダイムシフトが起こったことを示すつぶやきだった。

3.

衛星軌道から:発射は素晴らしいものだった。仕事は大変だが、景色を楽しんでる。冒険が始まった!@宇宙飛行士マイク

マイクはNASAの宇宙飛行士。彼は宇宙からつぶやいたのである。

4.

ハドソン川に飛行機が。今フェリーで人々を助けている。なんてことだ。@jkrums

ハドソン川飛行機墜落事件は、ついったーで最初につぶやかれた。このつぶやきは、ついったーとニュースやジャーナリズムとの関係のターニングポイントになった。

5.

アラーよ、あなたは万物の創造主であり、すべてはあなたに帰せられなければならない。@persiankiwi

解説:persiankiwiは最近殺されたイランの著名なリポーターであり、イラン政府がメールやSMSや電話を遮断したにもかかわらず、世界とコミュニケートし続けた。世界の危機を訴え続けた彼の、これは最後のつぶやきである。

6.

こんにちは、ついったー。あたたかく迎えてくれてありがとう。21世紀を感じてます。@オプラ

解説:アメリカで最も著名な俳優の一人であるオプラが、アシュトン・カッチャーがCNNに勝ったあとに番組で初めてつぶやいた。このつぶやきは、一部のアーリーアダプターとともについったーの出現を象徴する初期の牽引役となった。

7.

マイケル・ジャクソンが亡くなった…@HarveyLevinTMZ

解説:ゴシップ企業のTMZは、確認される前に世界のアイコン、マイケル・ジャクソンの死を知らせた。このつぶやきは瞬く間に世界を駆け巡り、ついったーをダウンさせた。

8.

みんなー、最高だー!ニューヨーク大好き!@ニック・スウィッシャー

解説:ニック・スウィッシャーはニューヨークヤンキースの野球選手。ワールドシリーズで優勝した後のパレードの最中につぶやいた。ついったーの出現によってセレブやアスリートや映画スターがリアルタイムでファンに話しかけることができるようになった。

9.

はい、本物のマーク・ザッカーバーグです。フォローしてくれてありがとう。@finkd

解説:世界最大のSNS、フェイスブックの創設者であるマーク・ザッカーバーグがついったーに参加した。このつぶやきによって、ついったーはフェイスブックの競争相手として認められたのである。

10.

私は、01100110 01100101 01100101 01101100 01101001 01101110 01100111 00100000 01101100 01110101 01100011 01101011 01111001 00001010 です。@google

解説:世界最大の検索エンジン、グーグルもついったーに参加した。最初のつぶやきは2進法によってつぶやかれ、訳すと‘I’m feeling lucky.’と読める。このつぶやきの後、グーグルはリアルタイム検索を導入した。このつぶやきはついったーの影響力の大きさを物語っている。


 以上、如何でせう。皆さんは2009年に印象に残つたつぶやきはありましたか?
 原文はこちら→The Top 10 Most Important Tweets of 2009
 2009年は日本ではついったーが流行した元年ともいふべき年になりましたが、2010年はどうなるのでせう。
 それではまた2010年もついったーで会ひませう。(@ryutype

いわこく

 「いはこく」が出た。

 先日、本屋に行つたら、平棚に『岩波国語辞典第七版』が積まれてゐるのを見つけた。
 つひに出たか、第七版。10年ぶりの改訂らしい。

 『岩国』は、数多ある国語辞典の中でも、「国語辞典の正統派」、「最も標準的な国語辞典」と呼ばれる。中身の非常にしつかりした辞書だ。
 学生のとき、図書館で必ず机上に置いて愛用してゐたのはこの辞書だつた。電子辞書を持つてゐなかつた私は専ら紙の辞書だつたが、『大辞林』などは大きすぎて机の上には置きにくく、小型辞典は他にももたくさんあつたが『岩国』が一番語釈などもしつかりしてゐたので、いつもこれを使つてゐた。

 見ると、カバーデザインも一新されて装訂もスマートになつてゐる。これは欲しい。
 だが、家にはすでに国語辞典は四冊もある。私はいはゆる「辞書マニア」ではないので、これ以上の辞書の置き場所はない。特に『岩国』と同じ出版社から出てゐる『広辞苑』を持つてゐる。通常、国語辞典といふものは同じ出版社から出るものは編集方針が似通つてゐるため似たやうな内容になる。

 でもやつぱり欲しくなる、語釈のしつかりした「いはこく」。
 といふわけで、これから国語辞典を買はうとしてゐる人にはお薦め。初めて国語辞典を買ふ高校生にも最適の一冊だと思ひます。


岩波国語辞典岩波国語辞典
(2009/11/20)
西尾 実

商品詳細を見る


サンタクロースと秘密主義

 Profileページにも書いてゐるが、私は教へたがらながり(教へたがりの反対)の性格で、今でも多少、秘密主義者的なところがあると思ふが、子どもの頃からさうした傾向があつたやうだ。

 まだ幼稚園児だつたころ、クリスマスの一週間ぐらゐ前に母が
「今年はサンタさんに何をお願ひしたの?」
と聞いてきた。

 私はクリスマスプレゼントの件に関しては、サンタクロースと私との間の個人的な契約だと思つてゐたので、
「サンタさんにはもうお願ひしたから、ママには教へない!」
と言つた。
 母は困つた顔をして、
「ぢやあ、ママには教へなくてもいいから、パパに教へてあげたら?」

私(・・・パパはもつと関係ないでせう・・・)

母「ぢやあ、紙に書いて置いといたら?」

私(クリスマスイヴの夜に紙に書いて枕元に置いておくならいざ知らず、なんで一週間も前に書かなきやいけないの???)

といふわけで、決して口を割らうとしない息子に、当時、母は相当困つたやうだ。
 結局、その年のクリスマスは母が私の欲しさうなものを推測して買つてきたことで事なきを得たやうに記憶してゐる。

 私はサンタクロースと心と心が通じ合つてゐると思つてゐたし、NHKのニュースでも見たから実在は間違ひない!と思つてゐた。

 などといふことを思ひ出してゐたら、今日、昼のNHKのニュースでも「サンタクロースが世界中の子どもたちにプレゼントを配るため、ソリに乗つて出発しました」といふニュースをやつてゐた。私も幼いころ、この種のニュースを見て、半信半疑が確信に変はつたのだ。NHKの素敵なところは、決して「サンタの格好に扮した男性が」などと言はないところだ。

 今年もかつての私のやうな秘密主義の子どもたちが世の大人たちを悩ませるのかもしれない。




ホームレスのおじさんに暴言を投げつけられた話

dior.jpg

 毎年この時期になるといつも思ひ出すことがある。
 
 それはまだ私が若かつた頃のことだ。
 年も押し迫つたある日、私は一人、池袋の東武デパートから出てきて、デパートの裏通りともいふべき道を歩いてゐた。すると道端に一人のホームレスのをぢさんが座つてゐて、私が目の前を通りがかつたときに私に向かつて暴言を吐いてきたのだ。

 「え? ボーナス? なにがボーナスだよ、ケッ!」

 「え? クリスマス? なにがクリスマスだよ、ケッ!」

 その場にはそのをぢさんと私しかゐなかつたし、私の顔を見て言つてゐたから、独り言ではなく私に向かつて言つたのは間違ひない。
 私は言ひ返すでもなく、また完全に無視するでもなく、ちらつとだけそのをぢさんの方に目をやつてその場を通り過ぎた。

 見知らぬホームレスのをぢさんにいきなりそのやうな言葉を投げつけられても腹も立たなかつた。なぜならそのをぢさんの言葉はお門違ひだつたのだ。
 私はその時、無職だつたからボーナスなんか無縁だつたし、クリスマスを一緒に祝ふべき彼女もゐなかつた。
 でも、デパートから颯爽と出てきた私を見て、おそらくそのをぢさんは、裕福なサラリーマンが年末のボーナスで彼女へのクリスマスプレゼントを買ひに来たやうに見えたのだらう。

 私は心が痛んだ。同類相憐れむとは、まさにこのことだ。職もない、彼女もゐない独り身、私はそのをぢさんとほとんど同じ境遇だつたのだ。違つてゐたのは住む家があるかないかといふことだけ。をぢさんと自分の境遇を重ね合はせて心が痛んだ。同類だからこそ、をぢさんの気持ちが痛いほどよくわかつた。「ホームレス」と呼ばれるその位置まで私の距離はそんなに遠くない。


 昨年の暮れ、「年越し派遣村」が随分話題になつた。あれから一年経つた今、あの人たちの状況は決してよくなつてゐるわけではない。一年前と何も変はつてゐない人がほとんどだらう。ニュースが話題として取り上げなくても、ボーナスだのクリスマスだのといつた世の浮かれムードとは無縁に年の瀬を迎へる人がたくさんゐるのだ。
 かうした貧困に苦しむ人々をなんとかしなければいけない。個人的には年越し派遣村の村長さんのやうな活動を応援するけれども、一人の人間または一つのNPOなどがやれることには限界がある。国や社会の仕組みが大きく変はつてこの種の問題は解決されなければならないだらう。

 数年前の冬、デパート裏で私に暴言を投げつけたあのホームレスのをぢさんは今頃どうしてゐるだらう。

21世紀に甦る二十一回猛士

身はたとひ武蔵の野辺に朽ぬとも留置まし大和魂



yoshidashoin.jpg


 今年も残り僅かですが、突然ですが、皆さんは「今年150年」と聞いたら何を聯想するでせうか。理系の人なら「リーマン予想!」と答へるかもしれません。
 今年は、幕末の志士、吉田松陰の没後150年です。




といふわけで、小塚原刑場となりの回向院に墓参りに行つてきた。ちなみに松陰が処刑された場所は小塚原刑場ではない。


IMG_0066.jpg

 正面突き当たりが松陰の墓。他にも安政の大獄で刑死した者たちが眠つてゐる。松陰の墓はこゝ以外にもある。


IMG_0068.jpg

 「松陰二十一回猛士墓」と書いてある。
 「二十一回猛士」といふのは松陰の号で、養子になる前の名字の「杉」の字を分解して「十」+「八」+「三」=21。養子後の名字「吉田」を分解して「十一」と「□」+「十」と「ロ」=「二十一回」となるところから来てゐる。


IMG_0069.jpg

 近くには、橋本左内や、


IMG_0071.jpg

鼠小僧などの有名人の墓もある。

 霊感の強い人はこゝらへんには立ち寄りたくないらしい。私は幸ひにも霊感がないので平気だが、せめて30歳の若さで亡くなつた松陰の無念の思ひを感じとらうと思つた。


 松陰が残した言葉の中で、私が最も強く印象に残つてゐるのは、遺書『留魂録』に書かれた次の言葉だ。少し長いが、折角なのでわかりやすいやう現代語訳で引用しよう。

今日、私が死を目前にして、平安な心境でいるのは、春夏秋冬の四季の循環ということを考えたからである。<略>私は三十歳で生を終わろうとしている。いまだ一つも成し遂げることがなく、このまま死ぬのは、これまでの働きによって育てた穀物が花を咲かせず、実をつけなかったことに似ているから惜しむべきかもしれない。だが、私自身について考えれば、やはり花咲き実りを迎えたときなのである。<略>人間にもそれにふさわしい春夏秋冬があるといえるだろう。十歳にして死ぬ者には、その十歳の中におのずから四季がある。二十歳にはおのずから二十歳の四季が、三十歳にはおのずから三十歳の四季が、五十、百歳にもおのずからの四季がある。<略>もし同志の諸君の中に、私のささやかな真心を憐み、それを受け継いでやろうという人がいるなら、それはまかれた種子が絶えずに、穀物が年々実っていくのと同じで、収穫のあった年に恥じないことになろう。<古川薫訳>


 松陰は門下生に恵まれた。彼が撒いた種子は、明治の世になつて、門下生たちによつて次々と実つていつた。松陰が人生の最期に披露したこの死生観には、読む人の胸を強く打つものがある。人生を四季に擬へ、三十歳で死ぬとしても花咲き実りを迎へてゐるのだから、平安な心境でゐられるといふのである。夭逝の人生にもそれぞれの四季がある。
 これは松陰の覚悟と言つてもいい。だが単に泰然と死を受け容れるといふ、たゞの諦念ではなく、遺志が種子として後世に受け継がれていくといふ世界観をも示唆してゐる。

 最近、ノーベル賞学者の野依良治さんが次世代スパコン開発予算の問題で「歴史といふ法定に立つ覚悟ができてゐるのか」と言つた発言が話題となつたが、一流の人は同じやうな大局観を持つてゐると思へるのが松陰の次のやうな言葉だ。

大事なことは、おのれをかえりみて疚しくない人格を養うことだろう。そして相手をよく知り、機を見るということもよく考えておかなければいけない。私の人間としての在り方がよいか悪いかは、棺の蓋をおおった後、歴史の判断にゆだねるしかない。


 かうした遠方を見ることのできる大局観を持つた人間にとつて、志半ばで早世しなければならないことは辛いことだ。遠方を見渡してゐるがゆゑに、歴史の結果が気になるのだ。
 しかしそれでも松陰は自若としてゐる。死の前日にあたつても、激烈な感情を爆発させたりはしない。それは、上記の人生観、死生観があつたからであらう。

 松陰は静かに刑場に向かつた。その人生は三十年で終焉したが、それから150年経つた今日、その遺志、精神は、今なほ生き続けてゐると言へる。


2009-08 037