暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

2015年08月の記事

丸山眞男と8月15日

 丸山眞男はあらゆる意味で8月15日に殉じた人だった。

 その日を境に世界はまったくの別世界になったのだ。丸山にとっては。

 お母さんがいた世界といない世界。
 軍国主義の世界と民主主義の世界。
 生前の世界と死後の世界。

 丸山眞男にとって8月15日が持つ意味は誰よりも大きい。

 お母さんの命日であり、専門である「政治思想」の大転換日であり、そして自分自身の命日であり。

 丸山は昭和二十年代前半に積極的に「民主主義とは何か」ということを民衆に説いて回った。それは、終戦直後は多くの人々が「民主主義ってなんだ?」と問うていたからだ。だが誰も民主主義とは何かと問わなくなってからも丸山は「民主主義とは」ということを語り続けた。そこに丸山の哀しみがある。

 その時代遅れ、時代錯誤な感じを批判したのは吉本隆明だった。
 吉本隆明に『擬制の終焉』で批判された時に直接は何の反論も返さなかったが、後に「高度成長期の日本の資本主義というものは僕には見通せなかった」という反省の言葉を残している。
 なぜ、見通せなかったか。現在進行形で圧倒的な形で進んでいた高度経済成長という「大変化」をなぜ「見られ」なかったのか。それは、もう、丸山の心の中に、「戦争の反省」という問題があまりにも大きな比重で占めていたからだ。
 「戦争の反省がまだ終わってない」という拘りをいつまでも持ち続けた丸山眞男。
 でも、「僕はどうしても許せないんです」と語気を強めて丸山が言う時、丸山の8月15日に対する特別な思いと気迫を感ぜずにはいられない。

 丸山の思想の中には時間の流れがある。時間や前提を意識した思想である。

 丸山の思想に見られる時間観は、政治に限定されることなく社会全体に当て嵌めて語られるべきものである。

 政治を語るとどうしても「現代政治」について語らざるを得なくなる。それは「今」であって「先後」は霞んでしまう。
 例えば、首相が何度も「徴兵制はありえない」と明言しているにもかかわらず、「徴兵は嫌です。戦争には行きたくありません」と言う人々がいるのは何故か。それは、この国では首相や政権がコロコロ変わることを皆知っているからだ。
 「絶対にありません」と言うのは、その首相、その政権であるかぎりにおいてはそうだということであって、五年後、十年後の首相がどう言うかは分からない。

 丸山が語った「予測可能性の減退」。丸山の思想の中には「予測」という明らかな時間がある。
 自然法的な秩序はある程度の社会の安定性を前提としている、と丸山は言う。そして、今や“誰が”社会を安定せしめるのかが問われなければならない、と言う。
 この言葉から、丸山は「主体性」の重要さを語ったのだ、ということは気づくことができる。
 だがもう一つ気づくべき点がある。それは、「前提」や「予測」といった時間と関係のある言葉が使われていることだ。
予測可能性が減退している時代にあっては、“誰が”が問われるのはもちろんのこと、“何を”すべきで“何を”すべきではないか、も問われなければならない。
 そしてそれらを問うときに、すべての前提が疑われなければならない。自然法と見えていたものが本当に“自然”だったのか、ということが問い返されなければならない。
 現代は、もうこれ以上、前提の上に虚構を気づくことは許されない時代である。前提の上に前提、虚構の上に虚構、というような屋上屋を架すようなことは許されない。
 破れるのは規範や法則だけではない。習慣や常識も破れる。にもかかわらず、それらのものが「ある」と前提して何かを言ったり為したりすることは、無意味どころか罪なことである。

 「見えざる「道理の感覚」が拘束力を著しく喪失したとき、もともと歴史的相対主義の繁茂に有利なわれわれの土壌は、「なりゆき」の流動性と「つぎつぎ」の推移との底知れない泥沼に化するかもしれない」と丸山は言う。
 そして、その歴史主義化が却ってそのつどの絶対化を呼び起こさずにはいないだろう、と言う。
 丸山のこの指摘は鋭い。
 現代は先鋭化した「絶対」が虚構の上に立ち現れている。それは、もともとの基底が「無窮」であるからばかりではない。無窮性をも失った時代に「絶対」が存立しているのがおかしいのだ。それが無窮性を持った自然法であれ、もっと主体性を持った作為の法であれ、なんらかの存立基盤となっているのならよい。
 丸山の指摘通り「歴史主義化」は進み、「絶対性」は先鋭化しているにもかかわらず、一つ一つの「絶対」は見えて来ず、「つぎつぎとなりゆくいきほひ」の濁流に飲み込まれている。
 丸山の「古層」は通時的問題を浮かび上がらせている。

 ここまで考えて、丸山が戦前/戦後に拘るのも、私が高度経済成長前/高度経済成長後に拘るのも、根は同じなのかもしれないと思った。時代の前提への反省がないことへの不満なのだ。
 現代人は皆、偶然に甘えている。「である」にも甘えている。そうした甘えの上に厳しい機構を作り上げている。
 これは、丸山が拘った戦争の構造の問題と同じなのだ。
 丸山は、「私が戦争を始めました」という者が何処にもいない曖昧な甘えのもとに始まった戦争で、軍隊的厳しさばかりが増していったことに大きな不満を抱いていたのだ。

 現代は戦争の代わりに「社会」がある。
 「社会を舐めるな」
 「社会人として恥ずかしくないマナーを」
 「現実はそんなに甘くないよ」
 「もっと現実を見なさい」
 「社会に出たらそんなのは通用しないよ」

 こういうことを言う人たちは社会を厳しいものとしたがっている。まるで戦時中の軍隊が丸山に「軍隊を舐めるな!」と怒鳴ったように。
 だが、誰がその厳しい軍隊を主導しているのかは全然わからない。聞いてみても、「上官の命令だ」。その上官に聞いてみてもさらにその上官からの命令。上官の上官の上官、、、最後に行き着くところは天皇陛下からの御命令だ、と天皇に責任を押し付けるも、天皇に責任はないと言う。

 現代社会も“誰が”そういう社会にしているのか、という意識は誰にもない。「社会とはこういうものだ」という所与があるだけである。
 丸山が「今や“誰が(ヴェーア)”が問われなければならない」と言ったのはそういうことだ。

 「こうして古層における歴史像の中核をなすのは過去でも未来でもなくて、「いま」にほかならない。」

 「つぎつぎとなりゆくいきほひ」に待ったをかけた丸山。そもそも日本には「なる」はあって「なす」はない。不断に響き続ける「“中今”への讃歌」を止めて見せた丸山。
 しかし、政治をテーマとしているかぎり、丸山には「中今」が響き続ける。政治というテーマは常に「現代政治」を話題にせざるを得ないからだ。

 思想家としての丸山はこんなにも魅力に満ちているのに、政治学者としての丸山はつまらない。

 「錨づけからとき放たれ」る必要があるのは丸山だ。

 私は8月15日から丸山を解放してあげたい。

 だが、丸山の中では思想と政治は不可分のものであり、丸山を8月15日から解き放った途端に、その思想は輝きを減じてしまう。

 丸山はその生涯をかけて8月15日に拘った。
 それはそれで美しい。

 丸山の思想を政治以外にどう適用していくかは、後世の人間に託された仕事だ。


【関連する記事】
  • 丸山眞男をひっぱってきたい ―丸山眞男生誕100年―(2014/03/22)

  • 丸山眞男くん(小学四年)に学ぶ大震災(2014/03/10)
  • スポンサーサイト