暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2016

2016年08月の記事

追悼 千代の富士

千代の富士の相撲が好きだった。
大横綱、千代の富士の相撲は強いし美しかった。小兵力士ではあったが強靭な腕の力で寄り、投げた。千代の富士以降、大相撲の世界ではさらなる「大型化」が進んで行ったが、江戸、明治の頃の力士はこんな風だったのではないか、と思わせる、最後の「日本の横綱」という感じの力士だった。
2016年7月31日、千代の富士の訃報が走った。
国民栄誉賞の人の訃報なので、本来ならトップニュース扱いされるべきところだったが、その日は生憎、都知事選の日で、ニュースは都知事選の話題ばかり。その後もこの夏はリオオリンピックや、政治的社会的にもビッグニュースが多く、千代の富士逝去のニュースが霞んでしまったのはさびしいことであった。
千代の富士の訃報を受けて、元横綱の朝青竜が「横綱たちの横綱」というコメントを出した。歴代の横綱が集まったら、その中で横綱、という意味だろう。
歴代の横綱の中でいったい誰が一番強いのか、つまりそれぞれ最盛期の時の横綱を一同に会わせて総当りで対戦したら、誰が勝つのだろう、というのは、相撲ファンならずとも興味のある話題ではある。
私は千代の富士が「史上最強」かどうかは分からない。「最強候補」ではあろう。昭和以降であれば、他に、双葉山、大鵬、北の湖、貴乃花、白鵬あたりも強そうだ。
だが、最も「美しかった」「かっこ良かった」のは千代の富士だ。私にとっては。
体が小さいということは、体重をかけて押すということができないので、それで勝つのは、つまり腕の力が凄まじかったということだ。そして押されても押し負けない下半身の強靭さも兼ね備えていた。強さだけでなく靱やかさも併せ持っていた。
相撲は、強さと美しさと両方が大事だと思っている。単なる「スポーツ」ではない。「格闘技」でもない。千代の富士の雲龍型の土俵入りは比類の無い美しさだと言われている。
今後、このような「美しくかっこ良い」それでいて強い力士が現れて来てほしいと思う。


猛烈な日差しが照りつける夏の日、そっと手を合わせた。
thumb_IMG_5523_1024.jpg

小柄なイメージが強い千代の富士だが、手を重ねてみると、指の先は2センチほど余り、指の幅も太く、やはり一般人に比べたら全然大きくて逞しい手なのであった。
thumb_IMG_5516_1024.jpg

この左手であの強烈な左前みつを取ったんだ。
墓にも。蟬噪を忘れるほど、亡き横綱に思いを馳せながら静かに手を合わせた。
thumb_IMG_5529_1024.jpg

正確には、これは千代の富士の墓ではない。私が参った時はまだ千代の富士の告別式が行われておらず、千代の富士はここには埋葬されていない。千代の富士のご家族の墓である。そしてこの後、千代の富士がこの墓に埋葬されるのかどうかも分からない。
後ろの卒塔婆には、零歳で亡くなった三女の娘さんの名前が見える。モデルとして活躍する梢さんの妹にあたる。三女を亡くした時の千代の富士は、周囲から「もう二度と相撲は取れないんじゃないか」と心配されたほどの憔悴ぶりであったという。
thumb_IMG_5539_1024.jpg

仁王立ちする千代の富士の像。その見つめる視線の先には先に逝った愛娘が。
強く美しき大横綱、安らかに。
スポンサーサイト

天皇譲位に伴う課題

c0092_800x600.jpg


 なんとなく畏まった姿勢でテレビから流れてくる優諚を聞いた。

 NHKが報道したからには、もうこれは、お気持ちを汲んで速やかに譲位を実現させなければならない。

 こんな大事なことをNHKが臆測で報道するはずはなく、陛下自らがお言葉を述べられる前から、御意嚮が伝えられた時点で、「こういう方向で行きましょう」ということは決まっているはずである。

 「数年前から、そのようなお気持ちを示されていた」ということなら、本来なら数年前に報道すべきことだが、それを直ぐに報道しなかったのは、関係者の間で調整が付かなかったからだろう。そして今回報道に踏み切ったということは、ある程度の調整が付いたということだろう。

 報道しておいて、陛下のお言葉までいただいておいて、「お気持ちはわかるけど、法制度の関係で御意に沿うことは難しい」などということがあってはならない。なぜなら、テレビを通じて広く国民に示されたということは、これは「詔(みことのり)」だからである。

 だからこそ、速やかに具体的な実現を目指さなければいけない。「数年前から」が、もし仮に五年前からだとして、お気持ちを発表されてからさらに五年間、国民的議論を尽くして漸く実現に至ったとすると、御意に適うのに十年もかかったということになる。御病気、健康、御年齢による体力の問題に起因する今回の御発言なのに、それではあまりに遅すぎる。

 一方で、決まりを変えることには、さまざまな解決しなければならない問題がある。

 例えば、皇太子殿下が天皇になられた後、誰が皇太子になるのか、という問題。

 皇太子というのは、今までは「天皇の長男」だった。だが、今の皇太子殿下には男のお子様がおられない。愛子内親王は皇太子にはなられない。愛子内親王にはお子様がないので、「皇太孫」もいない。秋篠宮さまは、弟君に当たられるので、「皇太子」と言うのは違和感がある。悠仁さまは、甥である。皇位継承順位が一位になる秋篠宮さまを「皇太子」とするのか、それとも「皇太子不在」でいくのか。その場合、今まで皇太子殿下が担ってこられた公務はどうするのか。

 仁孝天皇以来、約二百年ぶりになる受禪踐阼となれば、またそれに伴う儀式の問題がいろいろ出てくるだろう。さらに、もし万が一、皇太子殿下が新しく天皇に即位されて直ぐに御不予があって公務を行えなくなった場合、今上天皇が「それではもう少し私が引き続き務めましょうかね」と仰せられた場合、これは一度退位したあとの再度の踐阼なので「重阼」ということになる。重阼となると、八世紀の孝謙天皇以来、ここ千二百五十年余り例がない。皇室典範にも規定がない。このような重阼を認めるのかどうか。

 考えなければいけない問題はたくさんある。

 皇室典範を改定すると、未来にわたってルールが変わってしまうので、今上天皇に限った特別法で対応しようという考え方も出てきている。しかし特例は前例になる。将来、「平成天皇(假)の時の例があるから」ということになる。また、今上天皇“だけ”を特別にはからうことが叡慮に適っているのか、という疑問もある。

 こうした諸問題を解決しつつ、速やかに宸襟を汲まなければならない。

 拙速を避けつつ、可及的速やかに。

 難しい課題を迫られている。