暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2016

2017年01月の記事

さようなら、オバマ大統領

barack-obama-1199638_640.jpg


 さようなら、オバマ大統領。

 あなたは私が知っているかぎり、最もまともなアメリカ合衆国大統領でした。

 あなたが銃で亡くなった子どものことを思うと涙が出る、と言って涙を流したのを忘れません。「あんなのパフォーマンスだよ」と言う人もいるでしょうが、パフォーマンスですら涙を流さない人よりマシです。

 「経済政策はひどかった。任期中にアメリカ経済は全然良くならなかった」と言う人もいるかもしれませんが、経済政策よりも重要なのは、先ずは「まともな人間」であることです。

 アメリカ大統領の考えや行動は、アメリカ国民ならず、世界中の人々の人生に影響するからです。イラクやアフガニスタンを空爆し無辜の民を大量に殺して、「ごめん、ごめん、誤爆、誤爆」と言っていた大統領もかつていました。

 「オバマはリーダーシップに欠けていた。在任中に大した実績を何も残さなかった」。

 それでも世界中に悪や憎悪をばら撒くよりはマシです。

 広島を訪れたオバマ大統領。できれば在任中に沖縄を訪れてほしかった。

 私の知るかぎりでは、もっとも人間的な、人間として当たり前の感覚、感情を持っていた米国大統領でした。

 さようなら、オバマ大統領。
スポンサーサイト