暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

2017年09月の記事

自治体ポイント制度が寂しすぎる

pointcard.png 

 昨日2017年9月25日、自治体ポイントサービスが始まった。

自治体のボランティア活動などに参加するともらえるポイントをマイナンバーカードにためて、インターネットの特設サイトで買い物ができる新たなサービスが25日から始まりました。
自治体のボランティア活動などに参加するともらえる「自治体ポイント」と呼ばれるポイントをマイナンバーカードにためて、インターネットの特設サイトで自治体の特産品などを買えるようになりました。また、「自治体ポイント」には、一部のクレジットカードなどのポイントも移行できるようにしています。
(2017/09/25 NHKニュース)

 「自治体ポイントナビ」というサイトにアクセスすると、マイレージやdポイントを自治体ポイントに変換することができる。そして1自治体ポイントを1円として、地域の商店街や美術館や博物館で使えます、と。

 で、「自治体ポイントナビ」でググった結果がこちら(2017年9月25日時点)。

kensakukekka.png 

 国が作った公式サイトが1ページ目に出て来ないってどういうこと?

 しかたなくURLを直に入力。
 自治体ポイントナビのURLはこちら↓

https://www.point-navi.soumu.go.jp/point-navi/

 でも、美術館や博物館の入場料に使えるんだ、ワーイ。どこの美術館で使えるんだろう?と思って見てみたら、群馬県前橋市の「アーツ前橋」と「前橋文学館」いうところだけ。

 日本全国でただ二館だけ……。

 店にしても、使える商店街とかすごく少ない。

 市区町村単位でも、例えば私の住む東京都では、豊島区が参加しているだけで、あとは港区?(港区はリンクされてない。)寂しいかぎり。

 国が旗振り役になってやってるサービスなんだから、せめて“国立”の美術館、博物館くらいは対応させたらどうなのか。

 マイナンバーは「徴税」で悪いイメージがあるから、「こんな良いこともやってますよ」というアピール程度のものなのか。本気で地域経済を盛り上げる、なんてことは端から考えていないのか。

 少し前に「ふるさと納税」が流行ったが、自治体ポイント制度、こんなに寂しいことでは、その十分の一も流行らないだろう。 


自治体ポイント、利用してみたい?
利用してみたい
あまり興味ない