暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

2017年10月の記事

傲慢で幼稚な大人たち 則竹敬太君の事故から一年

 2016年10月26日、愛知県一宮市で小学四年生の則竹敬太君が、スマホゲーム「ポケモンGO」をしながら運転していた車に轢かれて死亡する事故があった。

 あれから一年。

 このニュースを最初に見た時、小学生がゲームに熱中していて前方不注意で事故に遭ったのかと思ったら、逆だった。ゲームに熱中していたのは車を運転していた大人の方だった。

 こんなことで子供の命が奪われたことも腹立たしいし、事故を起こした人間の刑がたったの禁錮3年というのにも怒りを禁じ得ない。

 しかし、それ以上に私が胸糞が悪かったのは、この事故のニュースを受けて、ネット上でたくさん見かけた、

「ポケモンGO、関係ない」

という声だった。

 例えば、当時の事故を伝える記事で、はてなブックマークでたくさんの支持を集めていたコメント。
小学生はねられ死亡 運転手「ポケモンGOしていた」 | NHKニュース

運転していた車のメーカーと、使用していた携帯のキャリアも表記してください。

2016/10/27 14:15
小学生はねられ死亡 運転手「ポケモンGOしていた」 | NHKニュース

こういうニュースの見出し、やめて欲しい。パズドラやモンスト、ingressで事故をおこしたパターンもあるだろうに。罪を憎んでゲームを憎まず。

2016/10/27 14:42
 また、これは同じ年の8月に徳島市で起きた、ポケモンGOをしながら運転していた車に轢かれて女性が死亡した事件を時事通信が報じた時に付いたコメント。
「ポケモンGO」初の死亡事故=運転中プレー、女性はねる―徳島 (時事通信) - Yahoo!ニュース

ポケモンGO関係なくただ運転中にスマートフォンをいじってるのがあたまおかしい。

2016/08/24 18:31
「ポケモンGO」初の死亡事故=運転中プレー、女性はねる―徳島 (時事通信) - Yahoo!ニュース

マスコミさんは「ポケモンGOで死亡事故!!」って報道がしたくてうずうずしてたんだろうなあ…

2016/08/24 18:53
「ポケモンGO」初の死亡事故=運転中プレー、女性はねる―徳島 (時事通信) - Yahoo!ニュース

まるでポケモンGOが死亡事故を起こしたかのような見出しだな。

2016/08/24 20:28
 「ポケモンGOは関係ない。そもそも運転中は携帯電話の操作をしてはいけないのだから、悪いのは運転手。ポケモンGOが悪いわけではない」
 
 こういう声がたくさんあった。

 この事故で運転手が悪いのは言うまでもない。だが、ポケモンGOについて「関係ない」とは言えない。

 そもそも、ポケモンGOはこの時期、大流行しており、多くの人がプレイしていた。また、移動中にイベントが発生し、すぐに画面を見る必要がある、画面を見なかったら利益を取り損なう、というゲームの性質がある。こうしたポケモンGOのゲームの性質が事故の誘因になっていることは明らかである。

 則竹君の父親は車で移動中はポケモンGOをプレイできないようにするよう訴えたが、そのニュースに対しても、また「ポケモンGO関係ない」というコメントがたくさんついた。
ポケGO「車で操作できぬように」 小4死亡、父が訴え:朝日新聞デジタル

この手の主張って、使う人間の問題であると思っている私にとっては理解できないんだよなぁ。だって原因はポケモンGOなんじゃなくて、運転手なんでしょ?/idコールへ。今回たまたまポケGOなだけで対象が変わるだけ。

2016/10/29 16:50
 ポケモンGOが関係ないはずがない。則竹君の父親が要請したことは、技術的にも難しいことでも何でもない。本来なら最初からそうあるべきものだ。

 この事故の数ヶ月前だが、高速道路会社が高速道路にはポケモンが出現しないよう求める要望書を出したこともあった。「運転中はそもそも携帯電話を使用してはいけない」というのは確かにその通りだが、それなら尚更、高速道路にポケモンを出現させる仕様になっているのはおかしい。その後、時速40kmを超える高速移動中はポケモンが出現しないようにしたり、歩行者が立ち入るべきではない場所にもポケモンが出現しないようにする規制が取られたが、なぜ初めからそのようにしておかなかったのか。

 「高速移動中にプレイできないようにしてしまうと、運転者だけじゃなく、同乗者までプレイできなくなってしまう」

 こういう意見もたくさん見た。

 子供の命よりも、自分たち大人の“遊び”を大事にする意見をたくさん見た。

 「運転手が悪い。マナーの悪い、モラルの低い運転手のせい」
 「こういう一部のバカな運転手のせいで、私たちのような健全なプレイヤーまでが悪く言われみんな迷惑しているんです」

 こうやって「一部のバカな人のせい」として切り離しにかかるのは、自分たちの“おもちゃ”を守りたいという心理がある。一部のマナーの悪い、モラルの低い愚かな人の問題、というところにとどめることで、自分たちの楽しいおもちゃに規制が及んでしまうのを避けようとしている。

 これはアメリカの銃でも同じような論調がある。全米ライフル協会は「銃は悪くありません。使う人のモラルの問題です。一部のバカな人たちのせいで、私たち銃愛好家も迷惑しているんです」と言う。どんなに悲惨な事件が起きようと、銃という自分たちの楽しいおもちゃを制限されたくない。

 ところで、日本人は銃については「アメリカの銃社会は狂ってる」と言う人が多い。銃についてはそのような判断ができる人が、自動車や携帯電話やゲームについて同じようなことを言えないのはなぜか。それは、日本人は銃は手にしたことがないからだ。一度手に入れて、その心理的優位さ、楽しさを味わったことがない。自動車や携帯電話やゲームはすでに手に入れていて、その便利さや楽しさを知っている。

 一度手にした便利は失いたくない。一度手に入れたアドバンテージは手放したくない。子供の命の一つや二つなくなろうとも、自分たちの楽しみは死守したい。

 なんたる傲慢で幼稚な大人たち。

 則竹敬太君の事故から一年。

 当時、「ポケモンGO関係ない」と言ってポケモンGOを擁護していた人たちは今はどう思っているのだろう。

 「ああ、今は規制されてもいいよ。あれはもう飽きて全然やってないから」と思っているだろうか。

 一時のブームのために則竹敬太君の人生はたった9年で終わったのか。

 大人たちは自らの内にある幼稚な心理を見つめ直さなければならない。

 そうでなければ、則竹敬太君の魂は浮かばれない。