暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

mixi日記が書けない人におすすめの方法

 大手SNS、mixiの利用規約改定がネット上で話題になつてゐる。

 その内容は、簡単に言へば、mixi上に書かれた日記などについてユーザーが著作者人格権を行使することを禁止した、といふものである。
 これを受けて、mixiに書いた日記が勝手に書籍化されるのではないか、と少なからぬユーザーが大騒ぎをした。

 私はmixiを使つてゐない。だからmixiの利用規約がどう改定されようが、私には全然関係ない。

 この一連の騒ぎを見てゐて感じるのは、一体世の人々は著作権に敏感なのか鈍感なのか、といふことだ。
 CNET Japanの伝へるところによれば、著作者人格権の行使の禁止といふのは何もmixiの規約に限らず、多くの他のSNSやブログサービスで規定されてゐることらしい。だから、mixiが規約改定したからと言つて今さら騒ぐことではないと思ふのだ。
 それに他人が作つたブログサービスやSNSを利用してゐる以上、ある程度相手の言ひなりに従はなければならなくなるのは当然のことだ。もちろんこれは、ブログサービスを使はないでMovable Typeなどのブログツールを利用してゐる場合にも言へることだ。Movable Typeを使ふならSix Apart社の利用規約に従はなければならないだらう。

 敏感だから、この度の些細な改定でもこれだけ大騒ぎしてゐるのであらうが、しかし、本当に著作権に敏感な人ならば、このやうなSNSやブログサービス上に日記を書くやうなことはしないだらう。

 おすゝめの方法がある。
 それは、紙の日記帳に日記を書くことだ。それも誰にも見せずにひつそりと書くことだ。かうすれば、著作権はかなりの確率で守られる。あなたの大切な文章が「コピペ」されることも「勝手に書籍化」されることもない。

 筆と紙は、著作権に敏感な人にも良き友である。

紙の日記が好き→ランキング