暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

ITホワイトボックスが面白い

 今さらだが、NHK教育で毎週木曜日に放送されてゐる「ITホワイトボックス」といふ番組が面白い。
 昨年放送されてゐたものの再放送らしいが、それも2010年2月いつぱいで終はつてしまふ。番組を見損ねた人は、番組とほゞ同じ内容のものが書籍になつて発売されてゐるのでそちらを読んでみたらいい。非常によく出来てゐる。

 この番組の面白いところは、「ITの基礎の基礎」を教へてくれるところだ。
 私は「インターネットの基本」が知りたくて、今までさまざまな書籍やTV番組を見てきたが、いづれも満足させてもらへるやうなものはなかつた。
 だいたいの書籍やTVが「インターネット(またはIT)の基本」と言ふと、WWWの説明から始まり「これはワールドワイドウェブ、つまり世界中に張られた蜘蛛の巣といふ意味です」などといふ解説であつたり、DNSの説明であつたり、あるいはブラウザソフト(InternetExplorer)の説明であつたり、さらにはホームページの見方(検索エンジンの使ひ方)の説明であつたりする。

 そんなのは「インターネットの基本」ではない!私が聞きたいのは、もつとずつと基礎の基礎のこと。例へば、なぜ米国のホームページが日本で見られるのか。物理的にデータがどのやうな経路を辿つてくるのか。
 さうした「基礎の基礎」に答へてくれる本やTVは今まで一つもなかつた。この「ITホワイトボックス」が初めて基礎中の基礎ともいふべき疑問に答へてくれた。太平洋に日米間を結ぶ巨大な海底ケーブルがあることを実際に映像で見せてくれたのだ。

 かうしたことは誰も皆当たり前のことすぎると思つてゐるのか、質問もしないし、本の著者も書かない。だが「インターネットの基本を教へます!」と謳つてゐる本に、必ずと言つていいほどブラウザソフトの説明が書かれてゐたりするのに私は毎度がつかりしてきた。だつて、ブラウザソフトの説明はインターネットの説明ではない!

 その点、まさに「基本の基本」を教へてくれるこの番組の満足度はかなり高い。
 番組は電子メール編、インターネット編、モバイル編、PC編の四つに分けて放送されてゐるが、いづれも本当の基本を教へてくれてゐる。例へばPC編では、よくある初心者向けPC講座番組のやうな、ワープロソフト(Word)の使ひ方だとか、ファイルの保存の仕方だとか、画像の取り込み方だとかいつた、さういつた具体的PCの使ひ方などは一切紹介されない。この番組で取り上げられるのは、「メモリー」、「クロック」、「データバス」、「マルチコア」などといつたキーワードを中心とした、本当のPCの基本的なことがらである。電子メール編でも、もちろんメールソフトの説明やメールの書き方(マナー)などといつたことではなくて、@(アットマーク)の歴史にまで遡つて教へてくれたりする。

 教授陣がまたすごい。日本のインターネットの祖ともいふべき慶應大学の村井純や元マイクロソフトの古川享など錚々たる顔ぶれが毎回ゲストとして登場する。

 かういふ番組、かういふ本を待つてゐた。ITに疎い私には非常にためになつた。普段、ネットやPCのソフトなどを使ひ慣れてゐる人でも、意外とインターネットの基本を知らなかつたりすることもあるのではないだらうか。
 もうすぐ番組が終はつてしまふのが残念だが、続編を期待したい。

 本のタイトルが「ネットに弱い」とか「パソコンに弱い」などとなつてゐるが、これはネットを使つたことがないとかネットを使ひ慣れてない人、といふ意味ではない。ネットはバリバリ使ひこなしてゐるけど、意外とネットの基礎の基本みたいなことは分かつてない人、といふことだ。この二冊は私と同じさういふ人たちのための最高の教科書になるだらう。

NHK ITホワイトボックス 世界一やさしいネット力養成講座 「ネットに弱い」が治る本 (講談社 Mook)NHK ITホワイトボックス 世界一やさしいネット力養成講座 「ネットに弱い」が治る本 (講談社 Mook)
(2009/09/29)
NHK「ITホワイトボックス」プロジェクト

商品詳細を見る

NHK ITホワイトボックス 世界一やさしいネット力養成講座 「パソコンとケータイに弱い」が治る本 (講談社 Mook)NHK ITホワイトボックス 世界一やさしいネット力養成講座 「パソコンとケータイに弱い」が治る本 (講談社 Mook)
(2009/12/18)
NHK「ITホワイトボックス」プロジェクト

商品詳細を見る


ITホワイトボックス
NHK教育テレビ 毎週木曜日午後11:30~ 
再放送 毎週日曜日午後2:00~