暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

新しもの好きは老成

 「新しもの好き」は、「老成」なのだといふこと。
 最近、頓に思ふ。

 これは考へ方の問題なのだが、時代の最先端を走つてゐるやうな若者は、往々にして「老人グループ」に分類されることがある、といふことだ。

 2、3ヶ月前に、ある雑誌でTwitter特集をやつてゐて、その中の「人気ついったらー特集」みたいなコーナーに高校生が登場してゐるのが目を引いた。その男子高校生はたくさんのフォロワーがゐる人気ついったらーのやうで、iPhoneを片手にビシッとポーズを決めてゐる写真も載つてゐた。
 私がこの高校生に特に目を引いたのは、「高校生がTwitter?」「高校生がiPhone?」と感じたからだつた。

 Twitterの主な利用者は20代後半から30代~40代の人たちであつて、若者はあまり利用しない、といふ話を聞いたことがある。例へば、次のやうな記事。

Insight for WebAnalytics: 米若者はTwitterしない、制限のない他のSNSで十分

 上記記事では、2009年6月現在、米国のTwitter利用者の内、24歳以下の若者は16%しかゐないことが指摘されてゐる。
 私の中のイメージでは、「Twitter=大人のおもちや、若者は使はない」だ。

 また、TwitterとiPhoneが相性がいいことは知つてゐるが、そのiPhoneにしても、iPhoneユーザーの中心は30代、40代のビジネスマンであり、次のやうな記事にある通り、

大学生のiPhoneユーザが少ない4つのワケ【大学生×iPhone第1弾】 | MAG! 学生を応援するフリーマガジン

若者はiPhoneは使はない、といふイメージがある。上記記事では、その理由を「今の大学生はケータイ世代だから」と分析してゐる。(※iPhoneは「ケータイ」ではない)

 だから高校生みたいな若い人がiPhoneを使つてTwitterをしてゐるといふのは、ちよつと意外なイメージなのだ。
 この高校生はiPhoneを駆使してTwitterを使ひこなしてゐるのが自分としては時代の最先端を行つてるつもりなのだらうが、同世代の人たちは誰も使つてゐない。つまりこの高校生は30代、40代のをぢさんたちの仲間に入つて生きてゐるのだ。

 例へば、私の世代なら生まれて初めて買つた音楽はCDである。同世代の人に質問すれば皆さう答へる。だが同世代でも幼いときからませてゐた子なら、幼稚園のときにレコードを買つたことがあるかもしれない。「生まれて初めて買つた音楽がCDではなくてレコード」といふ回答は私よりいくらか上の世代の回答と一緒である。

 よく1月から3月生まれの人が「得してる気分だ」と言ふのを聞く。例へば19歳のときに、同学年の人が次々に20歳の誕生日を迎へるのに自分はいつまでも10代でゐられる、つまり同学年の人と比べて少しだけ遅く歳をとつて若くゐられるのが「得してる気分」といふわけだ。
 だがこれも考へ方の問題で、1月から3月生まれの人がなぜ「遅生まれ」ではなく「早生まれ」と言はれるかを考へなければならない。学年で括るから若くゐるやうに思ふかもしれないが、年で括ればやはり早生まれの人は早く歳をとつてゐるのである。
 例へば平成元年生まれの人の場合を考へてみよう。4月から12月に生まれた人は、学年としても「平成元年組」に属することになるが、平成元年の1月から3月に生まれた人は、同じ平成元年生まれであるにもかゝはらず学年としては一個上の「昭和63年組」に組み込まれることになる。平成生まれなのにずつと「昭和組」と呼ばれるのである。つまり、「早生まれ」は「得してる」のではなく、考へやうによつては一つ上の古い世代に括られてしまふといふ意味で「損してる」とも言へるのである。

 新しもの好きの人や時代の最先端を行つてるつもりの若者は、見方によつては「老成」である。さう考へることができる。
 上の世代の老人たちと仲良くやつていくつもりなら、もちろんそれでいいのだけれど。