暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

本関係のウェブサービスが使えない

 本関係のサービスがウェブ上にいろいろあるのだが、使へないものが多い。

 なぜ使へないかと言へば、本関係の多くのサービスが、Amazonをデータベースとして利用してゐるからだ。

 例へば、「ブクログ」といふサービスがある。これはウェブ上に本棚を作ることができるサービスで、ブログパーツなどを利用すれば、自分のブログにお気に入りの本を本屋さんの本棚のやうに陳列して見せることができる。
 だが私はこのサービスを使ふ気にならない。私が普段読む本は、大抵、Amazonには売つてないからだ。試しにブクログでいくつかのお気に入りの本を検索してみたが、案の定、「No image(画像なし)」のオンパレード。これでは本棚として表紙を並べて見せる意味がない。

 「メディアマーカー」といふサービスも、読書の記録・管理・共有ができるウェブサービスとして大変人気があるが、残念ながらこゝもAmazonをデータベースとして利用してゐる。

 また最近では、「カーリル | 日本最大の図書館蔵書検索サイト」などといふサービスも登場して人気を博してゐるやうだ。私も使つてみたが、こゝもやはりAmazonをデータベースに使つており「図書館にない本でも見つけることができる」と謳つてゐるが、私の好きな本はいくら検索しても一冊も見つけることはできなかつた。
 大体、私が読みたいやうな本は街の図書館には置いてない。「私の街の」といふことではなく、区立図書館レベルの図書館には置いてないのだ。都立図書館にも置いてあるかどうか。国立図書館に行けば間違ひなく置いてあるだらうが、国立図書館は利用しにくい。だから私は図書館は昔から大学図書館を利用してゐる。大学図書館に行けば、私の読みたいやうな本も大概置いてある。

 ウェブ上の本関係のサービスがAmazonをデータベースとして利用するかぎり、私のやうな「読みたい本がAmazonにはない」といふ人間は面白くない。何とかならないものだらうか。
 例へば、国立情報学研究所の「Webcat」などをデータベースとして使用してくれれば、私のやうな者でも読みたい本を見つけ出すことができるだらう。たゞ、Webcatは営利目的の利用が禁止されてゐる。

 となると、これからは「Googleブックス」が本関係のデータベースの標準となつていくのだらうか。

 AmazonやGoogleなどの米国企業に依存しない日本独自の本のデータベースがあつてもいいと思ふのだが。



(追記)
 「読書メーター」なんてサービスも人気があるやうだが、やはりAmazonをデータベースに使つてゐて、今、私が読みたい本を何冊か検索してみたら、「画像がありません」だらけ。私も自分のウェブ本棚作つてみたい。誰かAmazonぢやないデータベースを使つてサービス作つてくれないかなあ。