暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

Evernoteが使いにくい

 Evernoteが使ひにくい。

 Evernoteは保存には優れてゐるが、テキストエディタとしては今のところまったく役に立たない。

 私は、Windows版のEvernote×GoogleIMEの組み合はせで使ってゐるが、


evernote01.png



 ノートに文字を入力して変換しようとすると、文字入力の場所の上に変換候補ウィンドウがかぶって入力中の文字が見えなかったり、
 


evernote03.png

  

 ノートの右側の方で「へんかん」と入力し変換キーを押すと、ずっと左の方に候補ウィンドウが表示されたり、もう一回変換キーを押すと今度は・・・、


evernote02.png


 ↑のやうに、入力中の文字の場所とはるかに離れたところに候補ウィンドウが表示されたりする。

 何なんだらう、これは。きはめて使ひづらい。ほかにも勝手に左寄せが選択されたり、勝手に太字になったり、と不審な挙動を見せる。いろいろ細かいUIがをかしいのだ。こんな滅茶苦茶なUIのものを多くの人が皆不満を言ふこともなく使ってゐるのだらうか。

 ウェブ版も使ってみたが、何も触ってないのに、急に文字全体が6行分ぐらゐ下がったりするをかしな動きが1分に1回くらゐの割合で起こる。

 このやうなをかしな症状が現れるのは私だけなのだらうか。

 これはMicrosoft Wordに匹敵する使ひ勝手の悪さだ。なんでこんなに使ひ勝手が悪いのか。このまゝUIが改善されなければ有料版を使はうと思ふ人は少ないのではないか。

 別に至高の使ひ勝手を求めてゐるわけではない。Windows標準のメモ帳を使ふときのやうなシンプルで普通の使ひ勝手が欲しいだけだ。

 それともEvernoteにテキストエディタとしての期待を抱くのは間違ってゐるのだらうか。

 複数の異なるデバイスから同期する仕組みとか、ウェブページを手軽にクリップする仕組みなど、Evernoteには優れた点がいっぱいある。特にデータの保存といふ観点からは、とても優れたアプリだと言へる。
 それだけに細かなUIがお粗末なのが惜しいと思ふ。

 今後、改善されるのを期待して待たう。