暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

30代と90代以外は皆、ゆとり世代?

 Togetterで、komure氏の「40代、50代こそ真のゆとり?」といふ意見を読む。

 komure氏本人が自分の発言とそれに対する一聯の反応をまとめてゐるが、最初の問題提起となった発言はこれ。

不愉快になる方いたら、ごめんなさい。簡単に就職できて、20代、30代で当たり前のように給料上がった40代、50代こそが真のゆとり世代である。 komure 2010-04-16 20:42:19



 そんなこと言ったら、今生きてる世代では、受験戦争→就職氷河期の30代と、超就職難→実際の戦争を経験した90代以外の世代は、すべてゆとり世代である、と思った。

 今の若い人にはピンと来ないかもしれないが、今の90代は、世界恐慌による超就職難時代に直面し、やっと就職できたと思ってもすぐに戦争が始まり、戦争に駆り出された世代である。

 80代は、就職できたゆとり世代。
 70代は、戦争に行かずに済んだゆとり世代。
 60代は、逃げ切り勝ち組の「団塊」と呼ばれるゆとり世代。
 50代は、「しらけ世代」と呼ばれたゆとり世代。
 40代は、バブルを謳歌したゆとり世代。
 20代は、楽に就職できた本家ゆとり世代。
 10代は、少子化で大学全入できるゆとり世代。

 かうして見ると、大体の世代が「ゆとり」があった世代で、むしろさうした「ゆとり」を享受できなかった30代のやうな世代の方が珍しいと言へるのかもしれない。
 「大学受験」と「就職」といふ人生の2大イベントで両方、辛酸を嘗めたのは、今の30代だけである。



 (※80代の後半の人は、結構戦争に行っているし、50代の人は1975年以降の低成長時代に就職時期が重なってゐるので、「ゆとり」といふほどではないかもしれない。また、20代でも2009年に就活を行った世代は周知の通り就職に苦労してゐる。世代論は大まかなものであり、例外はいくらでもゐる。)