暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

2010FIFAW杯みんなの日本代表成績予想

 2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会の開催に合はせて日本代表成績予想や優勝国予想を楽しまうと思ってゐる。

 みんながどのやうに予想してゐるのか気になるが、いろいろ調べてみたところ、個々人のブログで好き好きに予想してゐる人はゐるやうだが、まとまった予想のアンケートをとってゐるサイトは意外に少ないことが判った。  特に今度のW杯は、日本代表チームの前評判が低いこともあって、日本国内ではやゝ盛り上がりに欠けてゐるやうだ。

 そんな中で、W杯における日本代表の成績を予想してゐるアンケートをいくつか見つけてきた。


 まづは、Potoraといふアンケートサイトから。

wcpotora.png


 このアンケートは非常に不可解である。私が見た時点で186人が投票し83%が「予選敗退」と回答してゐる。このアンケートは2010年5月25日に作成されてゐる。その時点では当然、日本代表チームは本大会への出場は決まってゐる。本大会へは当たり前だが予選を突破したチームしか参加できない。これはおそらくアンケート作成者のミスだらう。「グループリーグ」のことを「1次リーグ」と言ふことはあっても「予選」とは言はない。


 次に、「どうなのねっと」といふアンケートサイトで行はれてゐた予想。

wcdounanonet.png


 こちらは私が見た時点で3000人以上の人が回答してゐるから、かなり信頼できる統計結果だと思ふ。
 ご覧のやうに圧倒的多数の76.8%、全体の約4分の3の人が「グループリーグ敗退」と予想してゐる。なほ、2番目に多い予想は「ベスト16(10.9%)」で、その次が「優勝(6.8%)」となってゐる。これは「予想」といふよりも「期待」の表れであらう。


 最後は、Yahoo!JAPANの「ズバリ予想」から。

wcyahoo.png


 こちらも私が見た時点で3000人以上の大勢の人が回答してゐる。こちらのアンケートではもう少し詳しく「グループリーグ敗退」を「勝ち点2以上でグループリーグ敗退」と「勝ち点1以下でグループリーグ敗退」の二つに分けてゐる。「勝ち点1以下でグループリーグ敗退」と予想してゐる人が一番多くオッズは1.6倍となってゐる。「勝ち点1以下」といふのは「1分2敗」か「3敗」のことなので、日本代表に対してかなり厳しい予想をしてゐる人が多いことが分かる。全体では「グループリーグ敗退」と予想してゐる人が率に直すと約78%にのぼる。


 かうして見てみると、やはり日本代表のグループリーグ敗退を予想してゐる人が多いやうだが、では、実際には日本代表チームはグループリーグ3試合をどのやうな成績で終へるだらうか。仮に敗退すると予想しても、1勝1分1敗の勝ち点4で敗退するのと3敗の勝ち点0で敗退するのとでは、随分意味が違ふやうな気がする。前回のドイツ大会では日本は1分2敗だった。同じグループリーグ敗退で帰ってくるとしても1勝して帰ってくるのと1つも勝てずに帰ってくるのとでは日本国民の感情も違ってくるのではないだらうか。

 日本は実際に、カメルーン、オランダ、デンマークとの3試合でどのやうな成績を残すのか。グループリーグ3試合の結果は次の10通りのどれかになるはずである。


グループリーグの成績勝ち点
3勝9
2勝1分7
2勝1敗6
1勝2分5
1勝1分1敗4
1勝2敗3
3分3
2分1敗2
1分2敗1
3敗0


 「1勝2敗」と「3引き分け」が同じ勝ち点3であることに注目してほしい。「3引き分け」といふと、1試合も負けなかった、カメルーン、オランダ、デンマークといふ世界の強豪に一歩も引けをとらなかった、と立派な感じがするが、「1勝2敗」と同じ価値しか持ってゐないといふことがわかる。
 では、日本はこの10通りの中でどのくらゐの成績を収めれば決勝トーナメントに進出できるのか。それを言葉で表すとこんな感じになる。


グループリーグの成績決勝トーナメント進出の可能性
3勝安泰
2勝1分安泰
2勝1敗ほゞ安泰
1勝2分安泰とは言へない
1勝1分1敗微妙
1勝2敗かなり微妙
3分かなり微妙
2分1敗ほゞ敗退
1分2敗敗退
3敗敗退


 「1勝2分」だと他の国の成績次第では「安泰とは言へない」ものの確率的には決勝トーナメントに進める確率はかなり高い。「1勝1分1敗」で微妙。「1勝2敗」や「3分」といふ成績では決勝トーナメントに進める確率はかなり低いと言っていいだらう。

 日本代表を応援してゐるが、「期待」と「予想」は違ふ。グループリーグ敗退を予想するのは簡単だが、成績の内訳までピタリと当てるのは難しさうだ。

 皆さんはどう予想しますか?


(↓投票締め切り2010年6月24日まで)