暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2016

8月15日に他人の家の墓参りに行ってきた

 お盆なので、墓参りに行ってきた。

 先祖の墓に参らないで、他人の家の墓に参ってる不孝者は、私ぐらゐだらう。
 先祖の墓はあまりに遠すぎる。家の近くには墓がたくさんあるので、近所の他人の墓に参ることが多い。

 今日8月15日は、お盆でもあるが終戦記念日でもある。
 毎年、この日は閣僚が靖国神社に参拝するかどうかが問題になる。今年は菅内閣が、閣僚全員参拝しないといふ方針だったので、あまり問題になってゐないやうだ。このまゝ参拝しない年が続けば、靖国問題は「問題」として語られることはなくなっていくだらう。

 私は靖国神社には子どものころから何回も行ったことがある。子ども心に、靖国神社の境内にゐる鳩はなぜみんな白いんだらう、とずっと不思議だった。

 先日、小菅信子『14歳からの靖国問題』を読んだ。靖国問題についてわかりやすく書いてある。

14歳からの靖国問題 (ちくまプリマー新書)14歳からの靖国問題 (ちくまプリマー新書)
(2010/07/07)
小菅 信子

商品詳細を見る


 「靖国問題」といふのは複雑な問題でいろいろと問題点があるやうだが、大きくは「政教分離」と「A級戦犯合祀」が問題とされてゐるやうだ。

 マスメディアでも靖国神社ばかりが大きく取り沙汰されて、日本中の、あるいは世界中の多くの人が靖国神社のことは知ってゐると思ふが、すぐ近くにある千鳥ヶ淵戦没者墓苑のことがあまり知られてゐないのは残念だ。私の地元の東京都戦没者霊苑はおそらくもっと知られてゐないだらう。
 私は千鳥ヶ淵戦没者墓苑にも参ったことがあるし、東京都戦没者霊苑の方は地元なので子どものころからよく知ってゐる。
 これらは宗教施設ではないので、「政教分離」といふ点から問題にされることはないだらう。

 あともう一つのA級戦犯の問題であるが、靖国神社に祀られてゐるのは「霊」であって「遺骨」はこゝにはない。
 故人を参る方法としては霊を参るだけでなく、「骨」すなはち墓を参るのも一般的である。

toujouke 2

 A級戦犯として最も有名なこの人も、靖国神社はマスコミやいろいろな人が集まって騒がしいかもしれないが、こゝなら静かに眠れるだらう。

 実際、私は8月15日の午前11時ごろ訪れたが、誰もゐなかった。行く前は、8月15日だし墓の周囲にたくさんの人がゐたらどうしようと思ってゐたが、行ってみたら私の他には誰もゐず、花も供へられてゐたが新しいものではなかった。
 子どものころから何度も見てゐるこの墓だが、この真夏の暑い最中に見ると、また違った感じを受ける。

 中国や韓国などの儒教の思想が強い国では、一度、悪人と決めつけられた人は死後も罵りを受け、その墓には唾を吐きかけられる、と聞いたことがある。
 戦後、全日本国民から激しいバッシングを受けたこの人だが、このきれいな墓を見るかぎり、唾を吐きかけられたり墓石を傷つけられたりはしてゐないやうだ。日本中、世界中にこの人のことを憎んでゐる人が今もたくさんゐるはずだ。本来なら墓石を倒されたりしてもをかしくないくらゐだ。だが、墓に唾を吐いたりしない日本では、かうして穏やかに眠りにつけてゐるのだらう。

 そのあと、昼食をとるために入った定食屋でちゃうど正午を迎へ、夏休みの家族連れなどで賑はってゐた中、一人で黙祷。

 気温35度の猛暑の中での墓参りだった。