暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2016

パンダ名考

 上野動物園にやって来たパンダ2頭の名前が今日(2011年3月9日)決定した。

東京・上野のパンダ、日本名決まる オス「リーリー」 メス「シンシン」 - MSN産経ニュース

東京・上野動物園が中国から借り受けるジャイアントパンダのつがい2頭の日本名が9日、決まった。オスが「リーリー」(力力)、メスが「シンシン」(真真)。都などが名前を公募していた中から審査の末に選ばれた。


パンダの中国名はオスが「比力(ビーリー)」、メスが「仙女(シィエンニュ)」。


都は、2頭の来日にあわせて日本名を公募したところ、4万438件の応募があった。選定委員会で応募数の多かった名前100点を対象に選考を実施。オス・メス各4点の名前を最終候補として審査し、「リーリー」(応募数は359件)、「シンシン」(同127件)に決まった。
 決定理由は、「リーリー」が活発で力持ちのイメージ、シンシンは「純真」「天真」などの優しいイメージだった。



 1月に名前の公募があって以来、どんな名前に決まるのだらうと思ってゐた。

 東京動物園協会がパンダの名前を公募してゐたときに、「サクラ」とか「ソラ」といった大胆な名前を応募してゐる人がゐて、ちょっと気になってゐたのだ。
 上野動物園の歴代のパンダたちの名前はみな、初代カンカン、ランランから始まって最近のリンリンに至るまで、同じ音の繰り返しである。

カンカン
ランラン
ホァンホァン
フェイフェイ
チュチュ
トントン
ユウユウ
シュアンシュアン
リンリン

 いづれも中国っぽい名前であり、そこにいきなり「サクラ」とか「ソラ」といった日本人のやうな名前が出てくるのは私は違和感があった。

 実際に「サクラ」(メス)と「ソラ」(オス)は、40438件の応募の中から最終候補の4点に残ったらしい。因みに最終候補に残った4点の名前はこちら。

オス
 リーリー(359件)、
 ヨウヨウ(226件)、
 ゲンキ(216件)、 
 ソラ(128件)

メス
 サクラ(817件)、
 シャンシャン(270件)、
 シンシン(127件)、
 ミライ(66件)
 
(参照:UENO-PANDA.JP

 この中に明らかに日本人っぽい名前が4つある。「ゲンキ」と「ソラ」と「サクラ」と「ミライ」だ。「ゲンキ」や「ミライ」は漢語を聯想させるからまだしも、「ソラ」と「サクラ」は完全なる和語だ。

 なぜ今回このやうな"日本っぽい"名前の応募がたくさんあったのだらうか。
 1月に名前の公募があったとき、たしか私の記憶では、東京動物園協会は「日本での名前を募集」としてゐたはずだった。ところが、多くのマスコミがこれを「日本名を募集」と伝へた。
 「日本での名前」と「日本名」ではニュアンスが違ふ。「日本名」と聞けば、「日本っぽい名前」「日本人っぽい名前」を考へる人もゐるだらう。

 しかし今回のパンダの来日が、中国から東京都への「寄贈」ではなくて「貸与」であることを併せ考へても、やはり私は中国っぽい名前がよいと思ってゐた。

 だから中国名の「ビーリー(比力)」と「シィエンニュ(仙女)」のまゝでもいいと思ってゐた。たゞし、「仙女」の読みは、マスコミでは「シィエンニュ」で統一してゐるやうだが、これでは多くの日本人は「しーえんにゅ」と読んでしまふだらう。本来の中国語の発音に近い「シェンニュ」もしくは「シェンニー」と表記するのがいいだらう。

 「しーえんにゅ」だと長くて呼びにくい。「びーりー」は日本語で「最下位」を意味する「びり」を聯想させる。といったやうな理由で日本での名前が新たに募集されたのかもしれない。

 「リーリー」「シンシン」といふ名前は、中国名の「ビーリー」「シェンニュ」に似せてゐる意図が伝はってくる名前だ。

 ところでパンダの漢字名の読みは面白いもので、オスの「力力(リーリー)」は日本語では「リキリキ」と読むのが普通だ。一方、メスの「真真(シンシン)」は中国語読みでは「ジェンジェン」だ。オスは中国語読み、メスは日本語読み。子どもたちが親しみやすい、あるいは語感が可愛らしい読みの方を選択してゐるのだらう。


 こゝまで、上野動物園のパンダについて書いてきたが、和歌山の動物園のパンダには、また違った名付けの伝統があるやうだ。

永明(えいめい)
梅梅(めいめい)
良浜(らうひん)
雄浜(ゆうひん)
隆浜・秋浜(りゅうひん・しゅうひん)
幸浜(こうひん)
愛浜・明浜(あいひん・めいひん)
梅浜・永浜(めいひん・えいひん)
海浜・陽浜(かいひん・ようひん)

 名前に「浜」が付いてゐるのが多いのは、白浜町といふ町の名前に由来してゐるのだらう。例へば「永浜」を「ながはま」とは読まずに「えいひん」と音読みしてゐるのは、やはり中国っぽさを意識してゐるのだらう。
 こゝでも、「梅浜」は普通に日本語読みすれば「ばいひん」のはずだが、「梅」を「めい」と中国語読みしてゐる。
 難しいのは「良浜」で、これは日本語読みなら「りょうひん」で中国語読みなら「りゃんびん」のはずだが、これで「らうひん」と読ませてゐる。「らうひん」の名前の由来を調べてみたが分からなかった。

 あと、気付いたのは、上野動物園のパンダが基本カタカナ表記なのに対して、和歌山のパンダは漢字+ひらがなで表記されることが多い。これは、和歌山のパンダは日本生まれが多いから、その分少し「日本っぽい」のだらう。






(おまけ)
世界を駆けるパンダ。

PANDA 1/2「PANDA! PANDA! PANDA!」