暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

東北地方太平洋沖地震5日目(2011年3月15日)

 今朝は午前5時頃、東京湾を震源とする地震で飛び起きた。

 震源はどんどん南下してきている。夜11時頃には、静岡で震度6強の地震も起きたし、東北地方の地震が2日前に前震があったことを考えると、17日頃までに東京から静岡あたりでまだ巨大地震が起きる可能性は残っている。

 東京の大地震と言えば、1703(元禄16)年の「元禄地震」、そして1923(大正12)年の『関東大震災』が思い出される。
 そして静岡と言えば、1854(安政元)年の「安政の大地震」が有名だ。
 特に「安政の大地震」では、被害地域は関東から九州までの広範囲に及んだ。「安政の大地震」は最初「東海地震」が起きて、その翌日に「南海地震」が起きている。そのことから考えれば、東京以西の地域の人も決して油断はできないと思う。


 今日は、コンビニに行ってみたが、食料の棚にほんの少しだけ食べ物が復活している。水や食パンも少しあったが、菓子パン棚は相変わらず空だ。カップ麺もまったく無い。しかし特に込んでいるということはなかった。今、コンビニに来ても何も売ってないことがわかっているからだろう。
 薬局のトイレットペーパー、ティッシュペーパーは、相変わらず品切れ状態だ。

 薬局やコンビニによって、仕入れ作業を頑張ってる店とそうでない店があるような気がする。品揃えは店によって多少異なるかもしれない。

 節電のため駅の構内が暗かったりエスカレーターが使えなくなっていたりして、世間全体が「非常事態である」という雰囲気を醸し出している。休業している店もたくさんある。

 今日3月15日夜時点のYahoo Japanのスクリーンショット。

yahoo110315.png