暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親のことを何て呼んでる?

 今日は父の日。みんなは自分の父親のことをどう呼んでゐるのだらう。

 投票サイト「ECナビ 投票スルー?」が行なった「自分の父親、どう呼んでる?」といふアンケートでは、2万3698人が回答し、次のやうな結果が出たさうだ。

お父さん :43%
おやじ  :13%
父さん  : 8%
とうちゃん: 7%
パパ   : 6%
オトン  : 3%
呼ばない : 6%
その他  :14%


 やはり、「お父さん」が圧倒的に多く、次いで「おやじ」が多い。
 女性は「お父さん」、男性は「おやじ」と呼ぶ人が多い気がする。「オトン」と呼ぶのは関西の人だらう。年齢、性別、地域によって呼び方はいろいろ変はってくると思ふ。
 「呼ばない」といふ人も6%ゐる。これは、すでに父親がゐなかったり、ゐても会話がなかったりするからかもしれない。

 それでは、他の人に自分の父親のことを言ふときは何と言ってゐるのだらう。
 上記は、父親に直接呼びかける場合の調査であって、例へば、自分の友達に「うちの(俺の)◯◯がさあ、」などと父親のことを話す場合は、みなさんは何と言ってゐるのだらう。

 私は小さい頃は「パパ」と言ってゐて、10歳頃から「お父さん」と言ふやうになった。高校生頃からは頭の「お」がとれて「父さん」。
 友達に話すときは、高校生の頃から一貫して「父親」と言ってゐる。つまり「うちの父親がこの間さあ、」などといふ具合だ。目上の人やきちっとした場所で話すときは、もちろん「うちの(私の)父が、」と言ってゐる。

 みなさんはどう言ってゐるのだらう。アンケートをとってみよう。
 条件を揃へるために、自分と同年代の友達に「うちの◯◯が、」と言ふ場合だと仮定しよう。もちろん「うちの」じゃなくても「私の」でも「俺の」でも構はない。

 みなさんは友達に自分の父親のことを言ふときにどう言ってますか?