暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

 今日、全国でもつとも早く東京の桜が満開になつた。近所に桜の名所があるので随分賑やかである。

 今日は、日本さくらの会が定めた「さくらの日」らしい。理由は「さくら」の「さく」が「39」で「3×9=27」だから。あるいは七十二候で今の時期がちやうど「桜始開」にあたるから、ともいふ。
 ところで季節を表す名称である七十二候は日本と中国で微妙に違つてゐて、日本の「桜始開」にあたる時期は中国では「雷乃発声」。遠くで雷の音がし始める、といふ意味だが、これは日本の季節感に合はないといふことで変へられたらしい。

 「桜(さくら)」の語源は、「語源由来辞典」によれば、動詞「咲く」に接尾語「ら」が付いて名詞化したものだといふ。

 芭蕉の句に、

「さまざまの事 おもひ出す 桜かな」

といふのがある。これは「まさにその通り」と思はせる句だ。日本人にはおそらく桜に対してさまざまな思ひ出がある人が多いだらう。これだけいろいろな思ひ出を去来させるのは、日本ではこの時期に年度の変はり目があるためかもしれない。

 桜と言へば、森山直太朗の「さくら(独唱)」といふ歌の中に、

「永遠にさんざめく光を浴びて」

といふ歌詞がある。光が「さんざめく」とはうまく表現したものだ。「さんざめく」とは「さゞめく」が転じたものだが、辞書によれば、「さゞめく」に比べて「浮き浮きと騒ぎたてる」といふ意味があるらしい。つまり、楽しいといつた意味合ひがあるのだ。光が楽しく騒ぎたてる、何だか目に浮かぶやうだ。
 
 芭蕉から直太朗まで、日本人は昔(特に近世以降)から桜を大切に思ひ、そしてまた桜にいろいろな思ひを乗せて歌つて来たのだ。
 このバラ科サクラ属の落葉高木が、私もまた好きだ。


森山直太朗 「桜」



桜が好き→ランキング