暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れ続ける日本

 「日本はこの分野で大きく遅れてをり・・・」

 ニュースなどでよく聞く言葉。この言葉は子どもの頃からずーっと聞いてる気がする。自分が子どもの頃から日本は世界に遅れてゐて、その後もずっと遅れてゐて、今も遅れてゐる。
 「うかうかしてゐると世界に遅れをとるぞ」などと言ふが、今がまさにうかうかしてゐる時なのだと感じる。


旧ステージに拘る日本

 最近、巷間でよく聞くのは、製造業とくにテレビなどの日本の「お家芸」と言へる分野で韓国に負けてゐて悔しい、日本はもっと頑張らなければ、といふやうな声。テレビを始めとした家電や、自動車など、今まで日本が世界をリードして来た分野で韓国企業が日本を追ひ越し始めてゐる。

 たしかに大相撲などで外国人力士が活躍し、日本人力士がまったく活躍してゐない状況などを残念だと思ふ気持ちはわかる。しかし相撲は日本のお家芸かもしれないが、テレビや自動車が日本のお家芸だらうか。

 2004年に中国レノボが米IBMのPC部門を買収した時、中国は龍が巨人を飲み込んだと喜んだが、アメリカは大して大騒ぎもしなかった。旧いステージは後進国に呉れてやっていいぐらゐに思ってゐたのではないか。

 日本が頑張って国産のPCを普及させようとしてゐた頃にアメリカはOSの世界を制覇してゐたし、日本が国産のOS作りに励み出した頃にはアメリカはネット検索の世界を制してゐた。そして日本が国産の検索エンジンを、と言ってゐた頃にはアメリカはソーシャルネットワークの世界にステージを移し始めてゐた。


国内に留まる日本

 日本のサービスは概ね日本人向け(国内向け)に特化されてゐる。そのことを如実に表してゐる例は「ガラケー」とも呼ばれるケータイであらう。
 言葉の壁や文化の壁があって海外へ進出するのは難しいのかもしれない。
 日本のケータイは機能や性能の面において決して遅れてゐたわけではない。むしろ進んでゐた。日本列島といふ小さな島の中で独自の進化を遂げてきた。しかし後進の"iPhone"および外来のスマートフォンに駆逐されつゝあるのが現状だ。
 なぜ、進んでゐる日本のケータイが遅れてゐるやうに見える外来のスマートフォンに負けてゐるのか。

 「ケータイ」と「スマホ」の違ひは何か。「スマホとは何か」と訊かれた時、多くの人の認識は「今までボタンで操作してゐたのがケータイで、直接画面にタッチして指でシュッシュッてやるやつがスマホでしょ?」といふレベルである。
 一般人のスマホ理解がそのレベルであるのは仕方ないとして、私が心配してゐるのは、日本の携帯電話を作ってゐる会社のトップの方の人たちさへ、もしかしたらその程度の認識なのではないか、といふことだ。
 日本のケータイは、携帯電話を元としてそれにいろいろな機能を付加して進化してきたものだ。スマホは元はパソコンで、それに電話機能などを後付けしてできてきてゐるものだ。ケータイはハードウェアそのものを改変することで進化していくが、スマホはハードウェアよりも、その中のOSやアプリを進化させていく。根本的な思想が違ふ。
 iPhoneが凄いと言はれるのはiOSといふ思想を搭載してゐるからである。アップル社以外のスマホにはそのやうな思想がないやうに見えるが、OSがAndroidであることでグーグルの思想を搭載してゐると言へる。

 そして、このモバイルアプリの世界でも日本のIT企業が作るアプリは日本国内向けである。韓国の「LINE」や中国の「微信」が国境を超えてヒットしてゐるのに比べると、日本はこの分野でも世界市場において遅れてゐる感じがする。


遅れ続けるテレビ

 「日本は遅れてゐる」といふ問題を考へるとき、一番わかりやすくて象徴的なのは、やはりテレビだらう。
 2011年第3四半期の世界の薄型テレビのシェアランキングは次の通り。

1位:サムスン(韓)22.8%
2位:LG電子(韓)13.1%
3位:ソニー(日)9.9%
4位:パナソニック(日)8.4%
5位:シャープ(日)7.6%
その他38.2% 
(Source: DisplaySearch Advanced Quarterly Global TV Shipment and Forecast Report)

 今まで日本の得意分野だったテレビ作りの世界で韓国に負けた、と随分、話題になった。そして日本のメーカーは、更なる高画質化を目指して韓国勢に勝つ、などと言ってゐる。

 今は、まったく新しいタイプのテレビが出て来る前夜ともいふべき時期である。私は別に日本のメーカーに1位になってほしいとは思ってゐないけれど、この時期になってもなほ、「薄型」だの「高画質」だのといった旧来の基準にばかり着目してゐる日本企業は大丈夫なのかと心配になってくる。

 「いや、どんな時代になってもモノづくりは大事ですよ」と言ふ人もゐるかもしれない。確かにその通りで、この先の時代もハードウェアを軽視していいといふことにはならない。しかし、その「モノ」がテレビや自動車である必要はない。
 私は昨今の若者のテレビ離れや自動車離れによって、すぐにもテレビや自動車が無くなるとは思はない。たゞ、これからのテレビや自動車は従来の概念を覆すほどのまったく新しいタイプのものが世界を席巻するだらう。iPhoneが携帯電話ではなかったやうに。
 テレビの世界で言ふなら、それはインターネットとの融合だったり、壁や空中などに自由にディスプレイを表示できる技術だったり。少なくとも、「リモコンのボタンで視聴者の皆さんも番組のクイズに参加できます」などといふレベルの革新ではない。

 数年後には、さうしたまったく新しいタイプのテレビが(おそらくどこかの外国で)登場して世界に普及し始め、その時NHKのアナウンサーがいつものやうに「この分野で日本は大きく遅れてをり・・・」といふニュースを伝へてゐることだらう。