暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

ツイッターユーザーは右寄り?米国のソーシャルウェブと支持する政党の関係

 「engage(英語)」といふサイトで、米国における各種ソーシャルウェブサービスと政治思想の関係を示したちょっと興味深い図が紹介されてゐた。

Politics-of-the-Social-Web-Engage_20120711215754.png
(クリックで拡大)

 この図では、右に行くほど共和党寄り、左に行くほど民主党寄り。上に行くほど政治への関心が高く、下に行くほど政治への関心が低い。

 これはengageが、数千人のフェイスブックユーザーの「いいね!」の傾向を独自に調べて図にしたものらしい。

 一見して、Facebook(SNS)やYouTube(動画)が中央にある。これらはユーザー数も多いし、政治的偏向が無いのは納得。他にもskype(電話)やWordPress(ブログ)など、誰でも使ってる中立性の高いサービスが中央に来てゐる。
 左右に注目して見ると、一番右、つまり共和党寄りには、ebay(オークション)・PayPal(決済)グループ。左にはBuzzFeed(ニュース)などが位置してゐる。
 上下に注目して見ると、HuffingtonPostと繋がりのあるBuzzFeedや、ビジネスSNSのLinkedInが上に来るのはさもありなんといった感じで、画像のPinterestTumblr、ゲームのFarmVilleAngryBirdsが下に来るのもこれまたさもありなん。

 この図の中で一番違和感があるのはreddit(ネタ)の位置である。こんな左下なはずがない。もっと右上に来るべき気がする。
 あと、全体を見ての感想は、右側はお金がかゝりさう。といふより、金持ちの楽しみ、といった感じがする。右下に描かれてゐるZillow(不動産)なんかはまさにそんな感じだ。

 元記事では、右側にコマースサイトが多く、左側にはQuora(Q&A)やWikipedia(百科事典)など知識や情報を重視するサイトが来てゐると分析してゐる。また、政治的関心が低く左右に偏ってゐない、この図の下部中央に位置するPinterestやAngryBirdsは、言はば「無党派層」なので、票の取り込みが期待できるとも分析してゐる。といふことは、今度の大統領選挙ではPinterestユーザーの支持を集めた方が勝利する?しかしソーシャルゲームユーザーとかそもそも選挙に行かない感じの層である。

 これを日本で調べたら、どういふ結果になるだらう、と考へてみる。
 上図では、Twitterが右寄りに位置してゐるが、日本だったら左上に来るのではないだらうか。私のイメージでは日本のツイッターユーザーは全体的に政治的関心が高くやゝ左寄りな印象だ。一番右に来るのは2chだと思ふ。2chと親和性の高いニコニコ動画は右寄りだが2chよりは下に来るだらう。日本最大のYahoo!JAPANはど真ん中に来るべきところだが、分からない。上下で言へば、ツイッターやUstreamは上に来さうで、アメーバ、Pixiv、グリー、モバゲーなどユーザー層が若さうなのは、すべて下に来るだらう。そして上の法則に従へば、楽天は右上、教えて!gooやはてなブックマークは左上?あとtumblrも米国のものよりは右に来さうな気がする。tumblrは一見画像メインだがテキストに注目して見ると全体的な思想傾向がゆるやかに見えてくる。

 読者の皆さんはこの図からどのやうな傾向を読み取るだらうか。

 たゞし、上図の分析結果がどこまで信頼に足るものであるかどうかは保証しない。あくまで参考までに。