暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2016

日中韓、碁風の違いから見る領土問題

 日本と中国、韓国の間で領土問題が再燃している。

 この8月の一聯の騒動を見ていて、私は日本と中国、韓国の碁風の違いを思った。

 囲碁は日本と中国と韓国でメジャーなゲームである。ルールもほぼ同じなので、よくこの3カ国を中心とした国際大会も開かれている。

 将棋は相手の王様の首を狙う「戦争ゲーム」だが、囲碁は「陣地取りゲーム」である。陣地(領土)をより広く取ったほうが勝ちというゲームなので、まさに「領土ゲーム」と言える。

 この「領土ゲーム」を考えることが領土問題を考えるヒントになるのではないか。


囲碁で負け続ける日本

 この囲碁の世界で日本は近年、中韓に負け続けている。

 例えば昨年2011年まで世界囲碁選手権富士通杯というのが開かれていたが、2000年以降の優勝・準優勝者を国別に上げると次のようになる。


優勝準優勝
2000年韓国中国
2001年韓国韓国
2002年韓国韓国
2003年韓国韓国
2004年韓国日本
2005年韓国韓国
2006年韓国中国
2007年韓国韓国
2008年中国韓国
2009年韓国韓国
2010年中国韓国
2011年韓国中国

 また、2010年のアジア競技大会の囲碁競技における成績は次の通りである。


金メダル銀メダル銅メダル
男女ペア碁韓国中国韓国
男子団体戦韓国中国日本
女子団体戦韓国中国中華台北

 ご覧のように中国と韓国の二占である。
 これらの大会には各国のトッププロ棋士が参加し、日本からも名人や本因坊など一流のトップ棋士が参加しているのだが、優勝はおろか、ベスト4に入ることすらもほとんどできない状況である。他の国際棋戦でも同様である。
 領土取りゲームでずっと中国、韓国に負け続けているのである。


碁風の違いから探る日本の弱さ

 なぜ、日本は弱いのか。

 それは、一つには競技人口の差というのがある。日本では囲碁と言えば老人の趣味みたいなおもむきがあるが、中国・韓国では子どもの頃からたくさんの人が囲碁に親しんでいる。裾野が広いのである。

 しかしそれにしても日本は弱い。競技人口の差を差し引いて考えても弱すぎるのではないか。

 日本と中国・韓国の間にはよく“碁風”の違いがあると言われる。

 「厚み」重視と「実利」重視の違いというのがあって、囲碁を打たない人にそれを説明するのは難しいが、簡単に言うと「厚み重視」とは盤面全体を重視するのに対して、「実利重視」というのは細かいポイントを重視することである。

 日本の棋士は「厚み重視」の人が多く、中韓の棋士は「実利重視」の人が多いと言われる。

 ところで、囲碁というのは将棋と違って終局が難しいゲームである。将棋の場合は、どちらかの王様が詰んだら(逃げ場所がなくなったら)負けなので、ゲームの終わりははっきりしている。それに対して囲碁はゲームの終わりが複雑で曖昧なところがある。
 最後まで領土の境界線が曖昧なところが残るので、その境界線の確定作業(終局作業)をし、そのあと整地作業をして、ようやくゲーム終了となる。
 つまり囲碁というゲームは、両対局者が協力してゲームを終わらせないといつまでたっても終わらないのである。

 問題は、激しい戦いから終局作業に移行する瞬間である。普通は、それまで激しい戦いを繰り広げていた両対局者が、もう大体勝負は終わったなと思ったら、お互いに目で合図するなどして終局作業に移る。

 しかし「実利に辛い」と言われる中韓の棋士は最後までポイントを稼ごうと思っている時、「まだ勝負は終わっていない」と思っている場合がある。日本の棋士が「もう勝負は終わった」と思い終局作業に入り緩い手を打ったらまだゲームを続けて厳しい手を打っていた相手の棋士に石を取られて逆転負けを喫することもある。


 日本の棋士は、過去にはずっと日本の棋士だけを相手に戦い、日本人同士「阿吽の呼吸」でお互いに終局作業に入ることができていた。
 しかし十数年ほど前から国際交流が盛んになって実利に辛い中韓の棋士たちと戦うようになって特に終盤で勝てなくなった。

 日本の囲碁は伝統的に「布石」と呼ばれる序盤の研究は盛んだったが、「詰め」とか「寄せ」と呼ばれる終盤が弱かった。「詰めが甘い」のである。

 尖閣諸島や竹島を巡る領土問題を見ていると、まさにこうした囲碁界における特徴、日本と中韓の違いがよく表れていると感じる。

 日本は「大局的見地に立って」領土問題を解決していこう、と言っている。囲碁の世界で言う「大局観」である。
 日本は領土問題というゲームは日本と相手国が協力してお互いに落とし所、妥協点を見つけて何とか終局に持って行くものだと思っている。そうしないといつまでたっても終わらないじゃないか、と思っている。

 しかし中韓は、領土問題というゲームはまだ終わっていないと思っている。まだ戦いは終わっていないのであり、竹島の接岸工事や大統領の訪問といったことも、実利(実効支配)を重視したポイント稼ぎである。

 日本は韓国に対して「ICJ(国際司法裁判所)で決着をつけようじゃないか」と言って歴史的正当性だけ主張できれば勝てるように思っているけれども、「詰めが甘い」日本が果たして本当に勝てるのかどうか心配である。

 日本は歴史的大局、あるいは国際法的、政治的大局に立って正当性を主張しているが、韓国は小さなポイントを着実にたくさん積み重ねているのである。


ルールの違いから見る領土の捉え方

 今までの話はどちらかと言えば韓国を念頭に置いた話だが、ここからは中国の話。

 日本と中国では、囲碁のルールが少しだけ違う。

 日本では石の線で囲ったところが自分の陣地であり、その陣地が広かった方が勝ちである。
 中国ではそれに加えて置いた石の数も得点に入る。

 このルールの違いによって勝敗が変わってくることはほとんどないのだが、そのルールの違いから囲碁に対する考え方が若干異なっているように思う。

 先日、内田樹氏のこんな記事を読んだ。


 領土問題は終わらない (内田樹の研究室)

彼らに「国境」という概念(があるとすれば)それは私たちの国境概念とはずいぶん違うものではないか

国境付近の帰属のはっきりしない土地については、それが「あいまい」であることを中国人はあまり苦にしない

華夷秩序では、中華皇帝から同心円的に拡がる「王化の光」は拡がるについて光量を失い、フェイドアウトする。だんだん中華の光が及ばない地域になってゆく。だが、「ここから先は暗闇」というデジタルな境界線があるわけではない。


 この内田氏の説に従ってみるならば、中国の碁における碁石は「中華」である。碁石(中華)がどこまでも生きていったところまでが「領土」である。

 一方、日本の囲碁は碁石の線で囲ったところまでが自国の領土である。

 囲碁のルールの違いというこんなところにも日本と中国の領土に対する見方、考え方の違いが表れているように思える。

 (因みに韓国の碁は日本ルール。)


最後に

 「碁風」は当然ながら個人差が大きく、日本、中国、韓国の棋士がそれぞれ全員同じというわけではない。また、この記事では「中韓」と言っているけれども、実際には中国と韓国の碁はまた少し違うところもある。それに尖閣諸島の問題と竹島の問題は同じ「領土問題」と言っても問題の質が違う。

 そうした点も踏まえて、この記事は一つの仮説として楽しんでいただきたい。