暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2016

「石原構想」と日中関係

 ここ一週間ほど、中国全土で激しい反日デモが繰り広げられた。
 日本政府による尖閣諸島の国有化に対する活動である。
 9月18日には紅客集団が日本へのサイバー攻撃をしかけるという話も聞く。

 9月18日は、今から81年前に柳条湖事件があった日だ。

 中国人が聯想するであろう二人の「石原」という名前の日本人。
 すなわち、1931年柳条湖事件のきっかけである石原莞爾と、2012年尖閣反日デモのきっかけである石原慎太郎。
 私はこの二人に共通点を見る。

 石原莞爾には「世界最終戦論」という壮大な構想があった。柳条湖事件は石原にとってそこに至る最初の一歩に過ぎなかったが、結果的にはこれが端緒となって満州事変、日中戦争へと繫がることになる。

 しかし、大杉一雄『日中十五年戦争史』によれば、「満州事変後の軍部に日本の大陸政策はいかにあるべきかという明確なグランド・デザインがなく」、「満州事変という国家的プロジェクトは、国全体の統一された意志として企画・遂行されたものではなく、石原を中心とする関東軍の恣意的な独走によって起こされた」ものだった。

 今2012年の状況はまさにこの時(1931年)に似ている。日本政府は対中国政策はいかにあるべきかという明確なグランド・デザインがなく、石原慎太郎東京都知事が尖閣諸島を都の所有にすると言ったら、「それじゃあ、国有化する」と言って国有化した。

 関東軍(東京都)という言わば日本の一地方のトップ(級)である「石原」が一人で勝手に壮大な「構想」を描きそれを着々と実行に移し、日本政府がそれを制御しきれていないという点が似ている。

 大杉一雄は1931年のそれを「石原現象」と呼んでいる。(当時「石原現象」と呼ばれていたわけではない。)
 今で言えば「橋下現象」などが似ているかもしれない。

 日本国民は、わかりやすくて、強気で、実行力があるリーダーを支持する。
 「独走」とか「暴走」とか言っても、分かりやすくて強気な「石原」には国民の人気と支持がある。橋下流に言うならばそれが「民意」だ。

 だが、戦いや争いというのは、石原莞爾が思い描いていたような、「東洋の雄日本と西洋の雄米国が最終決戦をする」などという単純なものではない。もっと多くの国・地域・人々の利害関係が複雑に絡み合ったものだ。そしてそうして始まった日中戦争が、結局は日中双方に多大な被害を齎したこともまた歴史に知るところだ。

 舵をしっかり握っていないと、時々船は思わぬ方向に進んでしまう。
 柳条湖事件は「事件」というほどの事件ではなかった。爆破事件と言っても被害者は誰もいなかった。そんな小さなことから日中関係は大きく暗転して行ったのだ。


 ところで、「反日」によく似た言葉に「排日」がある。
 81年前は「排日」だった。今は「反日」。

 今、中国は「反日」が「排日」にならないように気をつけている。
 「排日」になってしまったらもう中国は駄目だ。あくまでそれが「反日」である限りにおいて中国政府は許容している。
 尖閣問題は中国にとっては一つの試金石でもある。



 今回の記事では、石原慎太郎との比較に焦点を絞るため、石原莞爾の戦後の平和に対する思想については、特に深く言及していない。