暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

外国人コンビニ店員「10円お返します」

 地方はどうだか分からないが、東京は外国人のコンビニ店員が多い。
 私の生活環境ではコンビニの店員は半分くらいの割合で外国人である。

 で、外国人のコンビニ店員がお釣りを渡すときに、例えば10円のお釣りだったら、

「10円お返します」

と言う。一人ではなく、いろんな店の外国人店員がそう言う。

 これはもちろん、

「10円お返しします」

が正しい。

 この「お返しし」と「し」が2回連続するのが発音として難しいのだろうか。

 あるいは彼女たちは、日本で暮らしていて日常会話レベルの日本語は分かっている人たちだから、「返します」という正しい日本語を知っていて、それに丁寧の「お」を付けているのだから間違っていないと思っているのかもしれない。

 だがやはり、「10円お返します」はおかしい。

「10円、お返しします」

「10円のお返しです」あるいは「10円、お返しです」

でも成り立つ。

 最悪、「10円、お返します」から頭の「お」を取って、

「10円、返します」

でも日本語文法的には正しい。



と、ここまで考えて、はたと気がついた。

 ひょっとしたら、彼女たちは

「10円お返します」

ではなく、

「10円“を”返します」

と言っていたのかも。


 そんな!!! 

 そうなのか!??


【関連記事】