暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

中国人、韓国人はFirefoxがお嫌い?

 Firefox3がリリースされてから、3週間余りが経つた。一時の熱狂もどうやら落ち着いてきたやうだ。Mozilla Foundationによれば、Firefox3は、初日に800万以上のダウンロードを記録し、無事ギネス世界記録を達成したさうだ。

 Spread Firefox | Download Day 2008といふサイトがあつて、世界の国別のダウンロード数を公表してゐる。

 それによれば、ダウンロード数トップ10の国は以下の通り。

・Firefox3国別ダウンロード数トップ10

1位:アメリカ合衆国
2位:ドイツ
3位:日本
4位:イギリス
5位:フランス
6位:スペイン
7位:ポーランド
8位:カナダ
9位:イタリア
10位:中国
(2008年7月10日現在)

 ダウンロード数の割合をべつやくメソッド用 円グラフ作成君でグラフにすると、大体こんな感じ↓。

firefox3download


 トップ10の国で世界全体の5分の3程度を占めてゐる。かうして見ると、アメリカがやはりダントツで多い。そしてドイツ。それからヨーロッパの主要な国々がずらりと並んでゐる。7位のポーランドは、人口の割にウィキペディアの記事数が多いことなどでも知られる国ですね。

 このトップ10を見てゐると、奇妙なことに気付く。さう、人口の割合からいつたら、もつとアジアの国が入つてゐてもいいはずなのだ。
 インターネットの技術者立国のイメージがあるインドは10位以内に入つてゐない。
 先日、アメリカを抜いて世界一のインターネット大国になつたはずの中国は10位で日本の半分ほど。
 韓国に至つては、日本の10分の1ほどの数である。(ちなみに北朝鮮からのダウンロード数はゼロ)。

 これは一体どういふことなのか。

 日本を除くアジアの人たちは、Firefoxが嫌ひ?もしくは興味が無い?

 中国の数億の網民たちは皆、何のブラウザを使つてゐるのか。愛国心が強いから外国産のブラウザなど使はないのだらうか。中国産のブラウザと言へば、Maxthonが知られてゐるが、皆それを使つてゐるの?

 では、ネット利用率が高いことで知られる韓国人たちはどのブラウザを日常的に使つてゐるのか。韓国産のブラウザといふのは寡聞にして知らないが、やはり何か韓国で人気のブラウザといふのがあるのだらうか。

 といふことは、Firefoxなどのブラウザはやはり西洋圏の物と考へるべきなのか。アジアには本来、アジア独自の豊かなネット文化があるのに、アメリカ大好きな日本がむしろアジアの中では変はり者であると見るべきなのか。

 よくわからない。近い国なのに、中国・韓国をはじめアジアのネット事情を、意外なほど知つてゐない。