暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

宝くじと格差社会

 今日からサマージャンボ宝くじが発売になつてゐた。

 私は宝くじは買つたことはない。1等は絶対に「当たらない」と思つてゐる。

 だが、世の中には、これが「当たるかもしれない」と思つて、買ふ人がゐる。私には、さういふ人の気持ちは分かりかねるのだが、宝くじをよく買ふ人は「実際に1等を当てゝゐる人がゐるぢやないか」と、当たりくじの方に注目する。

 たしかに、例へば、今年のサマージャンボでは、1等2億円の当たりくじは40本入つてる。2等1億円の80本も合はせれば、「全国で120人もの億万長者がゐるではないか」といふわけだ。
 実際にそれだけ当たつてゐる人がゐるのだから、もしかしたら自分も当たるかもしれないと考へる。

 しかし、これはやはりをかしな考へ方だ。確率的には1等が当たる確率は1000万分の1である。1人の当選者の陰に、999万9999人のハズレ(落選者)がゐる。言はば、その40人の1等当選者は、圧倒的大多数のハズレの人たちの上に成り立つてゐるといつてよい。

 皆さんは、満員の東京ドームに行つて、バッターが打つたホームランボールやファウルボールが、偶然自分のところに飛んで来て当たると思ふだらうか。あるいは、自分の人生史上で、雷に打たれて死ぬことがあると思ふだらうか。
 1000万分の1の確率の出来事といふのは、ほゞ「起こらないこと」と言ひきつてしまつてよい。それぐらゐ、宝くじの1等は「あり得ないこと」なのである。

 2008年3月2日の記事「「成功」の理由を考える」で、私は格差社会について少し論じた。格差社会といふのは、まさにこの宝くじの世界と一緒で、ごく一部の成功者と圧倒的多数の不成功者によつて成り立つてゐる。「個人が成功を収めれば済む話ぢやない」とその時書いた。さう、貧乏人が1等に当たれば済む話ではないのだ。
 1等2億円を当てた人は、もう向かふ側へ行つてしまふ。「向かふ側」とは「成功者の側」のことだ。不成功者たちのことなんかもう完全に忘れて、2億円の使ひ道のことで頭がいつぱいだ。もちろん、1等を当てゝもいいのだけれど、たゞ1等を当てた人たちは運の良さを噛みしめてもらひたい、そして多くの不成功者たちの存在にも思ひを致してほしい、といふのが3月2日の話だつた。

 宝くじは娯楽の世界の話だからいい。けれども、これがもし社会問題だつたら、もつと当選金額を小額にしてでも、できるだけたくさんの人が当たるやうにしなければいけない。
 ハズレくじを引いた圧倒的多数の人たちが1人の人を大金持ちにするためにお金を払つてゐる。さういふ“社会”、“確率的に歪な社会”が問題なのであつて、一人一人に、あるいは貧乏な人に「宝くじの当たり方」を伝授すればいいといふ話ではないのだ。

 私はこれからも、宝くじを買ふことはないだらう。