暫定龍吟録

反便利、反インターネット的 This blog has not been updated since 2017

「ムペンバ効果」で知ったFC2ブログのタグの強さ

 「ムペンバ効果」がすごい。

 何のことかと言ふと、先月7月9日にNHKテレビの「ためしてガッテン」といふ番組で「ムペンバ効果」といふものが紹介されてゐて、それに興味を持つた私はそのことについて、このブログに『「ムペンバ効果」とネットへの過信』として少し書いた。
 さうしたら、この約1カ月のあひだに、たくさんの人が「ムペンバ効果」で検索してこのブログを見に来てくれた。

 ムペンバ効果とは、簡単に言ふと、特定の状況下で、水よりもお湯の方が早く凍る、といふ現象のことである。

 この不思議なムペンバ効果は、7月9日にNHKで放送された直後も反響を呼んだが、その後、早稲田大学の物理学者大槻義彦氏がそのやうな現象はありえない、と批判したことで話題となり、さらにそれをJ-CASTニュースが取り上げてまた話題となり、さらにそれがヤフートピックスに取り上げられて話題となり、といつた感じで、かなり長い期間、人々の耳目を集めるところとなつた。

 さうしてムペンバ効果を知り、興味を持つた人がネットで検索をし、多くの人がこのブログに辿り着いたわけだが、このブログには肝腎のムペンバ効果について、何一つ科学的に詳しいことを書いてゐなかつたことを少し申し訳なく思ふ。

 それにしても、どうして「ムペンバ効果」で検索した人がこんなにたくさんこのブログに来たのか。普段、アクセス数が極めて少ないブログなだけに、私自身、ちよつと驚きだつた。

 このブログは現時点で、どこのサイトからもリンクされてゐない。だからグーグルのページランクは極めて低い。だから、もし「ムペンバ効果」でググつたとしても、このブログが検索結果に出ることはないはずなのだ。それなのになぜ…。

 答へは、FC2ブログにあつた。
 このブログは現在、FC2ブログのサービスを利用してゐる。ムペンバ効果に関する記事を書いたとき、私は「ムペンバ効果」といふキーワードをタグ付けしてゐた。そのタグを紹介してゐるFC2ブログのページがグーグルの検索結果の上位に表示されるのだ。そしてそこからリンクを辿つてこのブログに人が訪れてゐる。
 つまり、私のブログがすごいのではなくて、FC2ブログがすごいのだ。

 これは、これからブログを始めようかと考へてゐる人、どこのブログサービスを選ばうか迷つてゐる人、なるべくアクセスがたくさん集まりやすいブログサービスを選びたいと考へてゐる人にとつて、少し参考になる話ではないだらうか。
 FC2ブログはSEO的に強い。その“強いブログサービス”にタグ付けしておけば、それがもしニッチなキーワードであれば、例へ自分のブログが貧弱なブログであつたとしても、そこそこの人が訪れてくれる。

 それにしても、私にとつて「ムペンバ効果」といふ言葉は、本来の意味から外れて、「ブログのアクセスアップを齎す効果」といふ意味の言葉に変はつてしまつた。